いろいろ

4月29日(水)

ここ数日、朝の冷え込みが厳しく、霜注意報が続きました。

おそらく、明日が最後の霜注意報でしょう。そしたら、いよいよ夏野菜の定植です。畑もにぎやかになってきます。

春野菜も、だいぶん種類がでそろってきました。

今は、間引きの大根、カブ、ほうれん草、小松菜。秋に種をまいたキャベツ、サニーレタス。あと数日で、スナックエンドウと絹サヤ。あと2週間くらいで早生の新玉ねぎと、間引き人参、玉レタス、といった感じです。

ぼちぼちと、宅急便でのお届けのスタートのご案内をして参ります!春は、どうしても葉ものが中心になります。玉ねぎや人参が入れられる頃には、おおむねご案内が終わるようにする予定です。



サツマイモの芽がでてきました。このままトンネルの中で暖かくしてあげて、6月の頭には苗を定植の予定です。

090427さつまいも

ごぼうの芽もでてきました。今年は、去年の1,5倍くらいまきました。全部大浦ごぼうです。太くて短いので、少し掘りやすいです。見てくれは悪いですが、美味です。
トマトのハウスのビニールをはいで、撒きました。ごぼうをほりあげるときに、土の天地返しをすることになるので、トマトの連作障害対策ともなります。
畝の間には、ごぼうの種まきと同時に、ムギを撒きました。ムギで他の草を抑える予定です。さてはて、どうなりますか。実験です。

090428ごぼう

玉レタスも、あと少しです。初期成育の時期にほとんど雨が降らなかったうえに、畝を高くしすぎてしまっていたので、玉がちっちゃいです。勉強、勉強、ですね。

090428レタス

ゴーヤや山芋の予定の畝です。こういう具合で何箇所かポール&ネットを張っています。つる性の、ウリ科やマメ科のものを育てるのに使います。ずっと毎年同じ場所で種をまくと、連作障害がでるので、場所を変えていかないといけません。でも、とてもめんどくさいです(笑)なので、極力手間を省くように工夫しています。
さらに、今年は、「なるべくビニールマルチは使わんぞ!」ということに決めたので、草をしいてみました。左は、やはり春にまいた麦です。これまた敷き藁になる予定です。

090428敷き草

ミズキの蕾が開いてきました。

090428みずき開花

レオさんが、コウベモグラを捕まえてきました。あっぱれ。でも、ちと可哀想・・・。

090427コウベモグラ

目が退化しています。モグラは、12時間胃袋が空になると、空腹で死んでしまうらしいです。穴を掘るって、それだけすごいカロリーを使うのかなあ。足元の土の中は、ワンダーランドです。

090427コウベモグラ拡大

スポンサーサイト

2009年04月29日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< ヒョウ&虹 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 綾の照葉樹林 >>












管理者にだけ公開する