採らぬ玉ねぎの棚算用

6月9日(火)

九州北部が梅雨入りしました。

梅雨に入ると、畑に入れない日が続くことも多いです。気がつけば草の海に、、、ということになってしまいます。その前にできるだけいろんなことを終わらせようと、ここ数日はちょっと踏ん張りました。

出荷をこなしつつ、サツマイモ、サトイモの除草、土寄せ。ナスやピーマンの剪定、南瓜や大豆の植え付けの用意、などなど。そして、大イベント、玉ねぎの収穫。

090607玉ねぎ収穫

ちょうど、玉がふくらんで収穫の時期、と言うタイミングで梅雨入りとなります。梅雨の長雨にあたるとまずいので、晴れ間をねらって、一気に収穫して、つるして干します。タイミングをうかがうのが難しく、毎年、どきどきひやひやです。今年は、梅雨入りが遅れたので、二日間の快晴に恵まれ、ラッキーでした。

090609玉ねぎ干し

約6000本、収量はおそらく700キロくらいです。地力がない畑なので、追肥の量によって玉の大きさにずいぶんばらつきができました。大きな玉の多い畝から収穫を開始し、「おお、これはいい感じだ。1トンはかたいぞ。豊作豊作!」と喜んでおりました。つるす棚が足りないかも、とやきもきしていました。

が、小玉の多い畝のものを収穫していて、「なんだ、思ったほど収量ないなあ」と判明。獲らぬ狸の皮算用、ならぬ、採らぬ玉ねぎの棚算用、でした。やれやれ。

本当は1トンくらいほしいところですが、まあ今年はよしとしましょう。かなり大雑把な計算ですが、1件1キロ×月に100箱×7ヶ月、と言う感じで出荷の予定です。


夏野菜の畑。

090607夏野菜畑

ズッキーニが、ぼちぼち実をつけてきました。花がビューティフルです。

090608ズッキーニ


今週のセットの中身。

キャベツ、玉ねぎ、人参、カブ、大根、レタス、ズッキーニ、山東菜、卵、といった感じです。今週来週は、種類はちょっと少なめです。今月の下旬には、ジャガイモやナスピーマンなどがぼちぼち入れはじめられると思います。

スポンサーサイト

2009年06月09日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< コミュニケーション | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 田植え >>












管理者にだけ公開する