テープナー

6月29日(月)

沖縄が梅雨明けして、梅雨前線が北上してきました。
九州も、ようやく梅雨本番です。

今シーズン初の、大雨洪水警報もでました。豪雨はいやですが、警報のひとつもでないというのも変な感じだったので、よかったよかった。と思うことにします。

豪雨の前にひとふんばり、という感じで、午前中に畑の排水溝掘りやナスやピーマンの誘引をすませました。これまたほっとひと安心。


今週のセットの中身は、

ジャガイモ、人参、玉ねぎ、ナス、ピーマン、モロヘイヤ、空芯菜、バジルは余裕があります。ズッキーニ、大根、キャベツは終わりかけです。キューリやインゲンがぼちぼちでき始めました。いつも通り、畑の様子を見てこちらでチョイスいたしますね。卵も、いつも通りです。



さて、しょうもないお話を少々。


ナスやトマトの茎を、紐に誘引する道具。通称テープナー。

090629テープナー

知人のお古です。もともと少し傷んでいたところに、僕がさらにとどめをさしてしまい、右側のテープをはめる部分のふたが取れてしまいました。ものの扱いが雑なのは僕の悪い癖です。自業自得。とにかくこれでは、使っているとテープが落っこちてきて仕事になりません。

そこで、あれこれ考えて、

090629結束線

針金でとめてみたりもしました。

でも、今ひとつ。

あー、どうしようかなあ。新しいの買おうかなあ、いやいや、もったいない、もったいない。ベニヤでも切り抜いてふたでも作るかなあ。でもめんどくさいなあ。とりあえずダンボールかな。でも雨降ってるからすぐ駄目になるし、それになんとなく面白みがないなあ。なんか使えるものないかなあ。とあれこれ考えつつ、納屋を見渡すと、

軍手!

090629軍手

パーフェクトな使いごこちでした。


結局僕は、こんな感じで「うーん、なんか使えるものないかなー」と考えることが単純に好きなようです。ケチとエコは紙一重ですなあ(笑)

こういうことって、けっこうありますよね。自分で望まなくとも、勝手に「エンターテイメント」が自分のところに降って来る、という感覚。
もちろんテープナーの破損のような些細なことだけでなく、もっと大きなモンダイでも同じことですよね。人間関係にしろ、健康問題にしろ、旅先のトラブルにしろ、予想もしない出来事の波が自分の所に押し寄せてくる感じ。そして、その状況をどこか他人事のように楽しむというスタンス。

そんな時の自分自身は、きわめて受動的です。肩の力を抜いている、ともいうのかな。流れに乗っているだけ。

楽しいことを求めて、自分から動くということも大事です。

と同時に、とりあえず何はさておき、どかっと構えて、何かことが起こるのを待つというのも素敵ですよね。不思議なことに、そういう気持ちの時には、楽しいことが起こらなくても、それどころかトラブルが起こったとしても、それなりに楽しめるものです。

自分からガツガツ動いて、期待して、空回りして、へこむもよし。
その逆で、何事も楽しむのもよし。

まあ、本当に大きな困難がやってきたら、楽しむどころじゃなくて泣いちゃいますが(笑)

そしてどんな時でも、「今はこういう時期」と思えて淡々と行動できたらかっこいいですねえ。大切なのは、泣かないことでも、座り込まないことでもないです。泣きながらでも、四つんばいになりながらでも、吹雪の中でも、もし歩くべき時であるならば、一歩一歩、歩き続けることです。よね。

と教えてくれたH田さん、お元気ですか。野菜送ると言って、まだ送ってないね。野菜の量に余裕ができたら連絡するけんね。

うーん、ひさしぶりに、なんだか変な脱線でした。ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

2009年06月29日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:1

<< | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 名前が知りたい! >>

セコロジーですな。

2009年07月04日 レインボーファミリー URL 編集












管理者にだけ公開する