7月3日(金)

曇り空の一日。

ご近所の有機農家さんから鯉をもらってきました。

090703鯉

田んぼにいれました。

鯉がばちゃばちゃと動き回ることで、雑草の生育を防いでくれます。うちよりも標高が高いところで、早い時期に田植えをした田んぼの中で活躍していた鯉さんたちです。今、一度水をぬいて田んぼを乾かす、中干しという作業にはいったとのこと。なので、鯉さんたちは除草の役目をいったん終えて、こんどは椛島農園で再就職というわけです。

090703たんぼ

でも、さすがにこの状態では、鯉も無力。

というわけで、手取りの除草を敢行。疲れました。でも、今日は半分しか終らなかった。2,3日中に終らせたいものですが、さてどうなるかなあ(笑)

毎度のことながら、どうしても自家用の作物は作業が後れてしまいがちです。きっちりと適期に作業を終わらせたいのですが、なかなか難しいことが多いです。なにせ体はひとつ、一日は24時間しかありません。で、そういう時には、ある程度までは、「見ない」「気にしない」「後回しにする」という高等テクニックを駆使しますが、後からとんでもないことになって何倍も手がかかる、ということになります。困ったものです(笑)

ああ、はやくなんとかしようっと。何はさておき、お米あっての百姓ライフですけんねえ。

スポンサーサイト

2009年07月03日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< おっぱいぱい | 南の大地より  椛島農園日記TOP | テープナー >>












管理者にだけ公開する