梅雨賛歌

7月11日(土)

ひさしぶりに、まとまった雨の一日。

ゆったりと時間が流れました。配達先でいろいろ話をしたり、ぼちぼちと部屋のリフォームをしたり。ようやく終盤になって梅雨らしい時間の流れとなりました。


いきものたちも、元気な季節です。

ハナイカダの実がなっています。

090704ハナイカダ実

ウツボグサの花の蜜をすう、セセリチョウ。オオチャバネセセリ、かな。

090704ウツボグサセセリチョウ

ツクシマツモトソウ。

090704ツクシマツモトソウ

蜂?を捕まえたシオヤアブのメス。肉食!という感じの雰囲気がぷんぷん漂ってますねえ。そして捕まえられた蜂は何蜂だろ?。

090704シオヤアブ

ジャガイモの畑の、ツユクサの葉っぱにいたリンゴドクガ。ツユクサを食べるのかな?またまたわからないことばかりです。

090709リンゴドクガ

毎日、べんきょう、べんきょうですねぇ。


そうそう、先日の、きれいなハエ

090626?

の名前がわかりました。ヒラヤマアミメケブカミバエといいます。舌をかみそうな名前です。体長わずか5mm程度。そしてこの模様。地球はワンダーランドです。

「ミバエ」というハエの仲間は、いろんな植物に寄生する害虫として有名なんだそうです。知らなかったぁ。体長1mmぐらいの小さいものから、20mmぐらい。全世界では約4,000種、日本では約150種の生息が確認されているとのこと。
うーん、たかがハエ、されどハエ。ああワンダーランドですなあ。

名前を教えてくれたささどんさん、感謝です!

スポンサーサイト

2009年07月11日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

<< 眠い | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 猫パンチ >>












管理者にだけ公開する