久しぶりのヒヨコ

8月21日(金)

残暑が厳しい毎日です。今日も暑かったです。涼しくなるまで、もうちょっとの辛抱のようですね。

17日に、ヒヨコがやってきました。

1年半ぶりの、育雛です。前回は、まだ寒い3月の末でした。ヒヨコは寒さに弱いです。なので前回は風邪を引かないように、温度管理には神経を使いました。今回は、この暑さなので、ヒヨコとしても飼い主としても、楽です。
左手の、布をかけているところが寝床です。米ぬかや籾殻を発酵させています。発酵熱で、床暖房のようになっています。この時期でも、生後の1週間くらいは寝床は暖かくしてあげたほうが無難です。

090821ヒヨコ家

大人になればバクバクと食べるのだけど・・・。さすがにちょっと早いかな(笑)。ピーマンの種には、興味あり、といった様子。

090821ヒヨコとピーマン

ネットの向こうの先輩ニワトリさんたちは、後輩さん達に興味があるような、ないような・・・。

090821ヒヨコ

卵を生み出すのは、約半年後です。


モロヘイヤが、朝日を浴びてきれいです。

090814モロヘイヤ

秋冬野菜の苗。キャベツやブロッコリ、レタス、白菜など。少し水をやりすぎてヒョロヒョロ気味ですが、まあ許容範囲といったところです。

090821苗

苗づくりだけでなく、そろそろ露地での種まきも本格化します。今日は、大根やかぶ、小松菜の種もまきました。なんやかんやで、秋です。今年は、本当にあっという間に時間が流れているような気がします。まあ、そう思えるだけで、なかなかいい状態ということなんでしょうね。いろんなことに、感謝感謝ですねえ。


スポンサーサイト

2009年08月21日 にわとり トラックバック:0 コメント:0

<< かぼちゃ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 強行おでかけ >>












管理者にだけ公開する