ぼやき&田上

9月10日(木)

今日も快晴。
最低気温11度。最高気温28度。朝は布団をかぶりました。秋だぁ。でも暑い。。。

あまりに雨がふらないので、水をやりながらぼちぼち白菜やキャベツを定植しています。
日中の暑さが危険なので、夕方にちょこちょことやっているので、なかなか進まず、なんだか焦ってきます。まだまだ、自然のリズムに自分を合わせるのではなく、自分の都合で動いているのだなあ、と気づかされます。

夏の間、ずっと体が軽く、「おお、今年は夏ばて知らずかな!?」とぬか喜びしていたのですが、どうもここに来て、疲労気味。何をするにも、体が重い・・・。2、3日は雨が降り続き、「もう知らん、休もう、休もう」という日が来てくれればいいのですが、晴れている間はついつい動いてしまい、気がついたら疲労がたまっていた、という感じです。そのあたりのペース配分が、まだまだできてないようです(笑)

でも、見方を変えれば、いい感じです。
ここ数ヶ月、ずっと調子がよかったので、なんというか、バランスを欠いていたような気もします。物事はどんどん動いていき、自分も前へすすんでいき、目標はどんどん高くなり、アクセルをずっと踏んでいたような感じもします。

「疲れ」は、よいブレーキとなるように思えます。

「まっ、しょうがない。このくらいでいいや」とか「こんなもんだろ。満足満足。」という知足感をココロの隅っこのほうにでも置いていないとろくなことはありません。

自分の殻を破るには、限界を超えて無理をすることも必要です。そういう毎日が続く時期も長いジンセイには必要なんだろうなあ、と思います。知足をもとに感謝が生まれ、感謝をもとに頑張る、というふうになれたら、理想なんでしょうね。うーん、なかなかそうは行かんけど(笑)

僕はどちらかというと、もともとはとにかく完ぺき主義で、白か黒か、1かゼロか、という判断をしてしまいがちなタイプです。知足どこふく風です。典型的な、一番うつになりやすいタイプです。あぶねー(笑)
これじゃいかんなあ、と気がついてからは、白でもない、黒でもない、水墨画のような灰色の美しさというものにすごく惹かれるようになりました。

体のサインに気づいて、休むときには休む、ということはココロのメンテナンスという意味でもとっても大事です。そういう意味では、自分のペースで仕事ができる自営業は、本当に楽でよいです。感謝です。でも、自然のリズムに合わせることが大前提なので、どんなに休みたいときでも「雨の前に種まきを終わらせるぞー」というような時には、休めないです(涙)。まっ、そのへんの折り合いをつけていくんも、経験、経験ということですかね。

そんなこんなで、明後日は雨の予報なので、明日は気合を入れて苗の定植&たまねぎの種まきです!その前に出荷も終わらせんとなあ。鶏のえさも混ぜないと・・・。

うーん、もうひと踏ん張り!

はやく農閑期になれ~!せめてもうちょっと涼しくなれ~!(本音・笑)




追記。

どうでもいいことなんだけど、最近スポーツ大好きです。「ああ、暑くて畑作業きついなあ」というときに、ネットでスポーツニュースやらコラムやらを読むのが息抜きになります。今気になる選手はソフトバンクホークスの田上捕手。中日をくびになり、ホークスで再起をかけて4年目(?)の今年、大ブレーク。そういう話は、泣けてくるじゃないですかぁ!サッカーの日本代表戦も面白かった。甲子園もちょっとしかみてないけど、面白かった。スポーツ万歳です。

スポンサーサイト

2009年09月10日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< おかげさま | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 残暑! >>












管理者にだけ公開する