おかげさま

9月11日(金)

今日も快晴。

出荷を終わらせた後に、さあ、たまねぎの播種とキャベツ、白菜の定植の残りを終わらせるぞ、と思ったものの、体が重く、長い昼寝。。。

なんとか、たまねぎの播種だけは終わらせようと頑張って、夕方ひと踏ん張り。まあ、及第点、といったところです。

最近おっさん化してきてるなあ、と感じます。頑張った疲れが、しばらく遅れてからどっとやってきたりります。あるいは、その逆で、ゆったりと休んだあとに元気が盛り返してくるのが、何日か後になったり・・。というわけで、ここ数日休み休み働いているので、来週には盛り返すでしょう。期待大(笑)


疲れていようと何だろうと、種まきと出荷だけはやらにゃお話にならん。というわけで、今日の出荷作業風景。かぼちゃ、人参、大根、小松菜の間引き葉、オクラは絶好調、ゴーヤ、トマトはほんの少し、ジャガイモ、たまねぎ、キューリ、ナス、四角豆、インゲン、ミョウガ少々、卵。そんな感じです。

090910出荷


そういえば、今日は同時多発テロから8年。8年なんてあっという間だなあ、と改めて感じます。あのときの衝撃を忘れちゃいかんなあ、と、やはりこの日には思います。正直なところ、すっかり忘れていました。ラジオのニュースで、今日が9月の11日であることを思い出しました。目の前の、ちょっと野菜の出来がわるいとか、そんなことに一喜一憂してる場合じゃないぞ、といわれているようでした。

ラジオといえば、先日、NHKのラジオビタミンという番組での一言。

「おかげ様」でいこう。物事がうまくいっているときも、自分のちからでそうなったのだとは思わないで、他の誰かが、目に見えないところで「陰」で、支えて下さっているおかげでそうなったにすぎない、と思うこと。まさしく、「おかげ、さま」。時には自分も誰かの陰になり、支えていく。感謝の心を忘れないように。

日本語は、美しいですね。「おかげさまで」いい言葉です。因果応報。風が吹けば桶屋が儲かる。物事は、社会は、自然は、とってもとっても複雑な関係性が絡み合っているもの。自分が努力したからうまくいった。だからえらいぞ、自分。ということがいえるほど、単純なものではない。

そう、「おかげさま」です。感謝!

スポンサーサイト

2009年09月11日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< またぼやき | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ぼやき&田上 >>












管理者にだけ公開する