しゃちはた

10月8日(木)

台風被害で、各地ともに大変な一日となったようですね。これだけ列島を縦断すると、だいぶん農業被害もあったことだと思います。お見舞い申し上げます!

阿蘇では、昨晩台風が太平洋上を通過していたったので、ほんのちょっと雨風が強かった以外には特にたいした影響もなかったです。今回は来るかなあ、と覚悟はしていたので、肩透かしをもらった感じです。


今年も、地元の長陽中学の1年生が、農業体験のプログラムとして、3日間作業を手伝ってくれました。去年に続いて2回目の受け入れでした。今年は、男子3名。なかなか楽しかったです。

記念写真を撮ろう、と思っていたのに忘れてしまい、うーん、残念。

今回感じたことは、「幼なじみ」って、いいなあ、ということ。保育園から、中学生になった今に至るまで、ずーっと同じクラスだったそうです。小学校が一クラスしかないので当たり前といえば当たり前ですが、自分の状況を思い出すと、隔世の感がします。福岡市近郊のベッドタウンで、小学校は一学年4クラス、中学校は7クラス、という中で育った身としては、彼らの「何をするにもずっと一緒」なのが当たり前、という状況に、素直にすごいなあ、と感じます。

幼なじみのかもし出す、とにかく気の置けない雰囲気、そして何気ないお互いへの気遣いに、おっさんカバシマとしても、ほっとする何かを感じてしまいました。

みんな、ありがとう!



今日の一枚。シャチハタ判子セット。

091008シャチハタ

ネットで注文していたものが届きました。

これでもう住所の手書きをしなくてすむ。認印に朱肉が要らない!一心堂印房さん、丁寧なご対応、いい製品、ありがとうございます。

それにしても、なんてちっちゃなシアワセなんでしょ。シャチハタを買うくらいの余裕ができてきたことに、ちょっと感慨深いものを覚えます。大げさかな(笑)

-----------------------

翌日追記。

クラスがずっと同じということで、必ずしもいいことばかりではないというご意見もいただきました。

何事も一長一短。長所は短所。短所は長所。自分が体験していないことは本当にはわからないものだし、そして何かとよく見えてしまうものですもんね。

誰もが、与えられた環境で、イッショウケンメイ生きる。もう、それだけですねえ。

という、ありがち、かつ強引な結論付けでいかがでしょうか、Kさん。(笑)

スポンサーサイト

2009年10月08日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 谷人たちの美術館 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ラムネ >>












管理者にだけ公開する