野菜&卵セットご案内

10月13日(火)

久しぶりに、営業します。もー、本当に営業は苦手。
誰か代わりにやってくれないかなあ~、と常々思ってます(笑)

天候不順にも負けずに、セットの中身は充実中です。こんなかんじです。

091013セット

この手の写真も苦手。だいたいやっつけ仕事になってます。なんかバランス悪いし、サツマイモは卵パックに隠れて見えなくなってます。ひどいなあ(笑)

でもまあ、とにかく豊作の秋に感謝!


=============================


野菜&卵セットのご案内

お問い合わせを頂く機会が多くなってきたので、
ブログでもご案内することにします。
例によってちょっと長いです(笑)

どんな育て方をしているのですか?
農薬、化学肥料は全く使わずに、いろんな野菜を少しずつ、育てています。年間を通して、50~60種類ほどになります。昔ながらに、村のおじいちゃんやおばあちゃんが守っている畑を大きくしたような感じです。カテゴリーの「田畑」のところをご覧いただければ、雰囲気を感じていただけると思います。
鶏は現在80羽。昔の農家の庭先の鶏のように、ストレスの少ない環境で地面を走り回っています。
同じく「にわとり」のところをご覧下さい。

量や中身はどんな感じですか?
基本的には椛島農園チョイスの、旬のお野菜の詰め合わせとなります。季節によって中身は変わります。
季節によっては難しいこともあるのですが(笑)、出来る限りバランスのよいセットになるように心がけています。「こんなに菜っ葉ばっかり食べきれないよ~」ということが基本的にはないようにしています。冬だと、イモ類+大根やカブ、人参+白菜やキャベツ+ネギ+菜っ葉、という感じで10種類以上になるようにしています。
量は、各ご家庭の消費量にあわせて、Sサイズ~超てんこもりサイズまでご用意します。
「うちはイモ類を多めにして」とか「菜っ葉が多めがいい」とか「ゴーヤははずして」など、できる限りのリクエストにはお答えしています。
でも、ひとりで畑作業から出荷の箱詰め、そして事務仕事までこなしているので、よくミスをします。
「うわっ、○○さんミニトマトは自分で育てているから要らないっていってたのに、また入れちゃった」
というようなこともあります。その時はご愛嬌ということでお願いします(笑)

月に1回とかでもいいの? 
毎週でも、隔週でも、月に1回でも、思いついた時の不定期なご注文でも、季節の贈り物にでも、ご対応させていただいてます。

お値段はどのくらい?
有機野菜の相場の値段設定をしています。生協で販売している有機野菜と同じくらいです。卵は10個入りのパックで500円です。送料が、中国以西で650円、関東で1060円です。
最初に、野菜の価格の一覧表をお渡しします。それをもとに、箱の中身に応じて毎回料金を計算しています。価格の例をいくつか挙げます。大根130~180円。人参300円~350円。ジャガイモ250円/キロ。トマト500円/キロ。白菜200~300円。
野菜Mサイズ+卵10個+送料で、九州の場合大体3000円前後といった感じです。

お支払いはどうしたらいいの
銀行かゆうちょの口座へのお振込みをお願いしております。月ごとの後払いか、前払い、ご都合のいいほうを選んでいただいています。
振込みに行かれる手間もあると思います。その場合には前払いをお勧めしています。5回分とか10回分位の額をお振込みいただいた上で、「今回は○○円になり、残金は○○円です」 といった感じで毎回ご案内しています。「振込みにいちいち行かなくていいから楽だわ~」と好評いただいています。

うちは卵は好きだからたくさん欲しいのだけど・・・
卵に関しても、出来る限りリクエストにお答えしています。
「うちは6個」とか「うちは20個」とか、「今回はケーキをたくさん焼くので30個」などなど。
逆に、卵はあまり要らない、という場合にもお申し付けください。

配達の曜日は選べるの?
水曜、木曜、土曜日のお届けとなります。ヤマト運輸さんを利用しています。
関東でも、翌日には届きます。うーん、すごいです。
東海以西は細かい時間指定ができます。
関東に関しては、細かい時間指定ができない、という便になります。
だいたい夕方頃に付くことが多いようです。
「何時に着くか分からないのは困るわー」という場合には再配達をお願いされるか、「玄関前においておいてください」というご指示で特に問題はないようです。

いろいろ聞きたいのだけど・・・・
お気軽に、ご質問ください。
椛島農園  0967-67-0899 tkabashima@hotmail.com

スポンサーサイト

2009年10月13日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 久々に自然観察の写真たくさん | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 谷人たちの美術館 >>












管理者にだけ公開する