久々に自然観察の写真たくさん

10月17日(土)

てんこ盛りの一日でした。

朝いちばんに、鶏のえさ混ぜ。午前中は、南阿蘇ビジターセンターの野草園にて自然観察会。午後は、友人宅の草刈の手伝い。その後畑にもどり、かぼちゃ収穫後の畑の片付け。夕暮れ時に、運動不足解消のためにジョギング少々。夜は、お誘いをいただいて、知る人ぞ知る「むら本」さんにて食事。おいしかったぁ。帰宅後、北海道の友人から電話をもらう。そして、ただ今ブログ書き中。秋の夜長を実感中です。



さてさて、最近の写真。ちょっと多いですぞ(笑)


アカスジキンカメムシの幼虫。よく見ると人面のよう・・・。おちょぼ口に、なんともいえない愛嬌を感じます(笑)。成虫は、緑と赤の配色がとってもきれいです。

091017アカスジキンカメムシ

ウドも花を散らせ、実をつけています。

091017ウド

エノキも。とっても甘い実です。野鳥が大好きです。

091017エノキの

サラシナショウマ。サラシナとは、若菜を茹で水にさらして山菜として食べたことからついた名前だそうです。

091017サラシナショウマ

ナガミノツルケマン。長実の蔓華曼(けまん)、です。わかりやすいネーミングです。

091017ナガミノツルケマン

ハガクレツリフネソウ。葉隠れ釣り船草、ということかな。これまたわかりやすい。

091017ハガクレツリフネソウ

花アブの仲間、マメヒラタアブがやってきました。

091017マメヒラタアブ

花弁が落ちたものは、実が膨らんでます。

091017実

触ると、ぱんっ、とはじけてます。

091017はじけた

おそらくジガバチ。シャクトリムシを捕まえて、幼虫のえさとします。

091017たぶんジガバチ

自宅にて。やもりの子供。体長4センチ。だったのに、写真をとろうと指で持ち上げたら、尻尾をきっちゃいました。なので体長3センチ。

091015やもり

興奮冷めやらず、脱糞。糞長2mm。

091015やもり糞

あげくの果てに、開き直り。「もう知らん、好きにしてくれや」という声が聞こえてきそう・・・。

091015やもりお腹

いやはや、なんだか申し訳ない。そんなつもりはなかったんだけど、結果的にいじめになっちゃったね。ごめんねーーーー。



先日ご紹介した、谷人たちの美術館、にて。

ご近所の北里かおりさんの作品。

091015かおりさん

自分がなかなかできないことを、形にして表現されているのを見ると、本当にすごいなあと素直に感じます。人とのつながりに感謝です。



スポンサーサイト

2009年10月17日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

<< 畑の様子 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 野菜&卵セットご案内 >>












管理者にだけ公開する