今日のムシ達

ウスバカゲロウの一種です。

20070806001345.jpg


幼虫は、アリジゴクです。幼虫で2,3年。成虫で2週間ほど生きるそうです。けっこう長生きだなあ。


ヒメヤママユ、だと思います。幼虫はクヌギの葉を食べます。ヤママユガ科の仲間はでかいです。こいつも10cm位ありました。

20070806001200.jpg


クヌギ、といえば、家の前のクヌギがこんな風に。

20070806001229.jpg


葉っぱがなくなり、なんだか怪しげな物がぶら下がっています。

よく見てみると、

20070806001306.jpg


毛虫です。すごいです。このうち何匹が成虫になれるのでしょうか。ほとんどは鳥に食べられるんだろうなあ。村の野鳥の胃袋をささえてますね、このクヌギは。

畑では、ピーマンにカメムシ大発生。

20070806001254.jpg


幼虫たちです。幼虫からしてすでにくさいです。手で潰すのも、これだけの数だと、臭くて勇気がいる(笑)
株もとの草がぼうぼうなのと、枝が混んで風通しが悪くなったので大発生したようです。さっそく対処。枝を剪定して、潰しまくりです。
でも、このつき方だと、手で潰しててもきりがないので、枝ごとはねたり、下に受け皿を用意してふるい落としたり、といった感じですかね。
いずれにしろ、早急に卵は徹底的に見つけてとらないと、負けてしまいます。

以前にこのブログにのせた、この卵。

20070710222837.jpg


こいつは、カメムシの卵でした。だろうなあ、とは思っていたのですが、今日判明。それにしても敵ながら美しい(笑)

スポンサーサイト

2007年08月05日 昆虫 トラックバック:0 コメント:0

<< 畑の様子 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 今日のムシ達 >>












管理者にだけ公開する