コミミズク

2月20日(土)

快晴の一日でした。晴れた日の日中は、春の息吹がすぐ近くに感じられます。

今日は、自然観察ネタです。最近、季節柄もあり、本業の畑ネタが少なく、ココロ系&自然観察ネタばかりで我ながら笑ってしまいます。まっ、いっか。



いつものように、高森の野草園にて。

希少種ミチノクフクジュソウが、開きかけていました。九州なのに、「みちのく」福寿草。不思議です。

100220ミチノクフクジュソウ

トチの若木。

100220トチ幼木

なんといっても冬芽が立派です。寒さや虫から身を守るために、ねばねばで覆われています。美しいなあ。

100220トチ冬芽

夕方に家を出て、例のコミミズクに会いに行きました。2回目のチャレンジ。

今日は、会えました!ウェルカム トゥ 阿蘇!

北のほうから、数千キロも飛んできて、阿蘇の草原で冬を越すあなたたちは、かっこいいです。ねずみを捕まえるために、木の上に止まり、耳をすませている姿のそのりりしさたるや!

ただ、遠くにいる姿は双眼鏡で見るのがやっと。

そこで、先日頂いていた写真をupさせてもらいます。

2010小池さんコミミズク

Kさん、いつもありがとうございます!

2羽のコミミズクが喧嘩をしながら飛んでいる姿です。

そろそろ旅立ちの季節です。無事に、北に帰るんだよ~。


今日も、なかなかよき日でした。

感謝!



追記。しょうもない話。

近くの温泉にて。つるっと、足元が滑り、見事にこけてしまいました。なんとびっくり、柔道の受身をとってしまいました。無意識のうちに。

中学高校時代にやっていた柔道を、体が覚えていたようです。もう、15年以上まえのことなのに。ただもうそのことにびっくりして、ひとり湯船で笑いがこみ上げてきました。他の方からすると、気持ち悪い人だなあ、と見えたことでしょう(笑)

しょうもないことに笑えるのは、幸せなことですね。



スポンサーサイト

2010年02月20日 野鳥 トラックバック:0 コメント:0

<< 納豆 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | いっぱいいっぱい >>












管理者にだけ公開する