バランス

2月27日(土)

すっきりしない天気が続いております。

今日は、早朝upです。書き始めは朝6時20分です。

冬の間は、夜型生活でした。朝はがちがちに野菜が凍ってしまうので、夕方に収穫して、夜にある程度箱詰めをするというリズムなので、ついつい寝るのも遅くなる、というわけです。

でも、気がつけばもうそろそろ春です。今週は、フライング気味の暖かさでしたけどね。

収穫も朝に切り替えました。夏野菜の育苗ももう少しで始まります。寝坊は厳禁です。それにやっぱり朝型生活は気持ちがよいものです。


いろいろ思うところがあり、いいこともあり、はたまたここ数日の「だんだん朝型にするぞ」という気持ちが功を奏したのか、4時に目が覚めてしまいました。それから、出荷の事務仕事をして、部屋の壁塗りの下準備をして、これを書いていて、もうこんな時間。

おそらく昼に眠くなるだろうから、そこをふんばって昼寝なしでいくと、このまま朝型生活にいけそうな気もするので、ちょっと期待大です。でも、4時は早すぎるなあ(笑)。




さて、


自分の中に、「これをやっていればものごとがうまくまわる。大丈夫。」という「いい引き出し」がいくつかあります。

時と状況によって常に変わっていくのでしょうが、今は、



農業。いいものをお届けする。誰にも恥じないような仕事をする。結果として伴うお金。精神的なだけでなく、経済的にも持続可能な生活。

野鳥。虫。植物。山。自然。に対する好奇心。一体感。畏敬の念。

ココロの世界(笑)やジンセイ。に対する好奇心。

ひとつの生命体としての強さや、人の遺伝子の中に眠る「野性」や「歩く力」「自然の中で生きる技術」への憧れ。自給自足。そのために(?)体をいたわること。鍛えること。マラソン。などなど。

人のために使う時間。誰かのお手伝い。誰かを気にかけること。具体的に時間とエネルギーを注ぐということ。元気かな、連絡でもしてみようかな、という思いつき。地域の付き合い。自分の役割。

家のリフォーム。なるべく手作りの暮らしがしたいという好奇心。純粋な、ものづくりの楽しさ。

人はコミュニケーションをとる動物である、という認識。苦手だけど(笑)、そこから逃げないで、楽しむこと。間。その気持ちを忘れずに、磨くための、演劇的なもの。リーディング。

本や、音楽、映画、など。

いつも頑張りすぎてしまうので、何も考えずにまったりぼーっと、する時間。きれいに家を片付けて、お茶をすする時間。気の置けないひとと、一杯やる時間。(かなり無頓着なほうだけど)おいしいものでも食べよう、という気持ち。

適度な色恋沙汰(笑)。



まあ、そんな感じかなあ。相変わらず自分の楽しみばかり追求する独身貴族です。働いている時間で言えばものすごい量だし、十分忙しいのに、余裕があるといえばあるのかもしれません。もっと誰かのためとか、社会のためにとか、地球のためにとか、エネルギーを向けられないものか。いやいや、まずは本業の有機農業でしっかりすることが身の丈にあったスタイルだ。何をするにもまずはそこからだ。とか、自問自答は絶えません。

やっぱり「完璧主義」「いい子」から脱しきれてないんだろうなあ、と自省。人付き合いも、油断するとついつい100パーセントの力でやってしまうから、7割くらいの「適当」な力でやるように、と自分に言い聞かせてみたり・・。

などと、とにかく繊細にいろいろ考えまくるこの自意識過剰ジゴク。まいったまいった。まあ、しょうがない。けっこうこれで得もしてるしな。でもこりゃはやく所帯もって子育てにでも追われないことには先にすすまんなあ(笑)。


おっと、脱線。はい、で、何が言いたいのかというと、



自分の持てる時間とエネルギーには限りがあります。

今よりもっと若い頃は、ずっと「何かひとつに集中してそれを極めるのがかっこいいことだ」と思っていました。そのおかげで、ずいぶんとしょうもないことに囚われていたなあ、と今になって感じます。

ひとつのことに集中する時期も、時には必要です。でも、長い目でみたら、一番大事なのはバランス。

調子を崩すときには、たいてい、意識が何かに偏ってしまいます。自分自身で逃げ道をふさいでしまうものです。

だったら、何に偏っているのか自分で分析して、うまくエネルギーを分散させればいいのかな、と思うようになってきました。型から、行動から、自分の気持ちを「ほどほどに」コントロールしてゆく。その結果、感情はあとからついてくる。そんな技術というか処世術があれば、いざというときに自分を救うことになるのだろうなあ、と思うのです。

そのためにも、まず、自分の中にある「いい引き出し」をこつこつと磨いていけたらよいですね。「世間」や「常識」や「思い込み」や「競争」などにはなるべくなら囚われないで、自分のココロの中の声をきけたら、ステキです。


というわけで、


昨日は、雨もふっていたので、大分の竹田へ行ってきました。就農前の土地探しのときにお世話になった方々に久しぶりに会いたくなり、足を運びました。


子供のときや学生時代は、いつも学校で会う人や、同じサークルやバイト先の人と時間を共有する中で友達関係を作っていくことが多いものです。

大人になり、それなりに自分というものが出来てくると、違ったタイプの友人関係ができてきます。なかなかお会いする機会はない。でも、同じものを共有できるという感覚や、抱えている状況をお互いに察するココロ。そんなもののおかげで、短い時間しか共有できないなりに、お互いのことをよく知らないなりに、それでも、絆を感じることができることがあるものです。ちょっと臭くて大げさな表現かな(笑)

まっ、年をとるって、悪くないもんですね。


おっと、もういい時間だ。鶏さんに餌をやらないとっ。では、ごきげんよう。




今日も、みなさんにとって、ほんの小さなことでも、ひとつだけでも、いいことがありますように。


スポンサーサイト

2010年02月27日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:2

<< イタドリハムシ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 納豆 >>

こんばんは。先日野中さんにお願いしましてお邪魔しました藤本です。ありがとうございました。
コミミズク、無事に会われたようでほっとしました。
また、楽しいお話聞かせてください^^

2010年03月01日 kayo URL 編集

こちらこそ、先日はありがとうございました。

コミミズク、かっこよかったです。自然、野性のいきものは、ほんとにステキです。農作物や家畜さんに対しても、同じ目線が注げればいいなあ、と感じております。まあ経済がからむと、なかなかまったく同じ目線だけで、とはいきませんけどね(笑)。また、お越しくださいね。

2010年03月03日 kayoさんへ←椛島農園 URL 編集












管理者にだけ公開する