この定植意味あるのか!?&力士君引退

3月5日(金)

それにしても!雨が続いております。

今日は何とか降らずに曇りでしたが、それでもお日様とは縁遠く。。これじゃあ野菜さんが光合成できません。仕方がないとは分かっているものの、うーん、まいったなあ、という気分です。

この10日間で、まともに晴れたのは1日だけです。あと1週間くらいは菜種梅雨は続きそうです。まあ、こういうときにはやれることだけやって、あとは割り切って他の事をやる図太さを身につけたいものです。


やれることをやる、ということで…、

4年目のチャレンジ。2月の頭に温床で種をまいたチンゲン菜と山東菜の苗を定植しました。

100303定植

もう少し暖かくなって、普通に畑に直接種をまくのと比べると、ものすご~~い手間がかかります。定植していて、ちょっと笑えてくるほどです。出荷できるものが一番少なくなる4月に、少しでも出せるものをそろえようという試みです。

しかも、天候しだいでは、まだ寒すぎてすぐにとう立ちしてしまうかもしれません。例によって霜よけの不織布をかけたので大丈夫とは思うのですが。まあ、実験半分です。この定植は意味があるのかどうか!?どうなることかなあ~。



そして、あまりに雨がふるので開き直りのリフォームモード。

ふすまと障子をはりかえ、天井を塗り、汚れきったベニヤ壁をはがし、石膏ボードを打ちつけ、塗装の下準備をして、ようやく、珪藻土を塗るところまできました。

塗ってます。

100304塗ってます

混ぜてます。適当な道具が見当たらなかったので、ありあわせのもので(笑)。

100304混ぜる

力士君もとうとう引退です。いままでお疲れ様でした。

100304力士君引退

今回使用した珪藻土は、フジワラ化学というメーカーさんの「クリーンアップ珪藻土壁材」という製品です。ハンズマンで業務用の3坪用箱を購入。いろいろこだわって調べれば、もっと自然素材を活かしたものや、もっと割安なものもあったのでしょうが、一番ポピュラーなもので「まっ、いいや。こだわってたら、いっこうに終わらんっ」という感じであんまり考えずに使いました。まあ、よしとしましょう。

しかしながら、やったらとぱっぱとやりすぎるのはいかんですね。粉を水で溶かすときに、水の量が多すぎたようで、ゆるゆるになってしまいました。べちゃっとなってしまい、いわゆる、「ラフに塗っていてムラがあるんだけどそれがかっこいい」という仕上がりには程遠くなりました(笑)。

ある程度ほおっておいて、水分を飛ばしてから塗り始めようか、とも思いましたが、これまた「はやく塗ってしまって野菜の収穫しないと~」という状況でのどたばた施工で、われながらあきれるほどでした(笑)。なんで落ち着いて計画的に物事を進められないのかなあ、いつも思いつきで行動してあわててしまうのかなあ、と反省。まっ、それが面白いから構わないといえば構わないんだけど。

というわけで、乾かしてるところです。ちなみに障子の空いてる箇所は、レオさんの出入り口です。

100304乾燥

もう少し塗るところが残っているので、雨続きの間に終わらせたいものです。これで、ようやくひと大体部屋終わり。このペースでいったら、家全体をまともな状態にするのに、何年かかるのだろうか・・・。

まっ、いっか(笑)


スポンサーサイト

2010年03月05日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< GKK | 南の大地より  椛島農園日記TOP | イタドリハムシ >>












管理者にだけ公開する