いろいろ

3月11日(木)

いっぱいいっぱいなので(笑)、また写真なしにて。


なんと!

3月に入って、初めてまともに晴れた一日となりました。

早く出荷したいなあと思って2月の末に種をまいた大根や人参も、なんとか発芽はしたものの、双葉のままいっこうに大きくならず、しまいには上からかぶせたビニールごと雪の重みでつぶされかける始末・・。

やっぱり、何はさておき、御天道さまさまだなあ、と改めて実感です。

明日の午後にはなんとかトラクターかけられるかなあ・・・。次の種まきを少ししておきたいなあ。キャベツの定植もしておきたいなあ・・・。また明後日雨みたいだしなあ。その次の日は晴れるけど、地区の行事&GKK本番で身動き取れないしなあ・・・。

と、段取りでやきもき。

そして、

はやくジャガイモも植えたいし、畑の畦の竹も切りたい。その前に刈払い機を修理しないと。ナメコの菌の打ち込み、味噌の仕込みもちゃっちゃと終わらせないと時期をのがすぞ。高森の野草園で、オオアカゲラが営巣しているそうだから見に行かないと。4月からは消防団の仕事も入るぞ。本格的に忙しくなる前の4月中に、来冬に向けて薪ストーブもつけたいし、お風呂も修理したいなあ。

と、相変わらずの欲まみれです。「スローライフ」とは程遠い田舎暮らしであります(笑)。




さて、今日が、GKK の稽古の仕上げでした。高校生から、団塊の世代まで、総勢11名の「英雄」チーム。最初は、どうなることかなあ、と思っておりましたが、演出家Hさんいわく、「なかなかいい感じになりましたよ」とのこと。

まだ本番前ですが、なんとか、時間を作って参加してよかった!と思えてちょっとじーんときました。疲れがたまって、「やっぱり今年はまだこういうのに参加するにはちょっと早かったかな」と弱気になることもありましたが、いつもどおり「いきあたりばっちり・笑」になりそうな雰囲気がおもむろに漂ってきました。久しく味わったことのないどきどきわくわく感です。

14日、日曜日、12時からと15時からです。13日も、他の作品を楽しめます。面白そうなものばかりです。一作品500円。2本目からは300円です。熊本県立劇場にて。小さな会場なので満席になるかも。ならないかも。ならないだろうなあ(笑)。でも一応チケット予約は、椛島までご連絡ください。

公演予定の詳細は
こちらhttp://gkk.kyogikai.net/です。

稽古の様子は、
こちらhttp://gkk.kyogikai.net/blog/のカテゴリー「田中チーム」からどうぞ。

そうそう、稽古に通うのにも、「車で行くと渋滞がひどいので大変だ」と思い込んで先週までは電車を使っていたのですが、実際にはそうでもないということも判明。特に帰り道はすいすい走ることが出来ました。なんだか一気に自分の行動範囲が広がったような気もして、実によい気分です。喜びって、案外足もとにあるものですねえ。


しかしっ、やっぱり本末転倒になってはいけません。あまりに慌しくて気が抜けていたのか、ひと箱出荷忘れのミスがありました。「今日届かなかったけど」とのお電話を頂き、「うわーっ、やっちゃった!」と反省反省。お届けのご予定がずれた際に、予定表を修正するのを忘れておりました。

いかんです、こういうのは。時々やってしまいます。

慣れてきた頃が、一番怖い。

そういうのは、野菜や卵の雰囲気で、すぐに現れるものなんでしょうね。ここで、でれっとしちゃうのか、それとも「押さえるところはきちっと押さえる」ことができるのか。毎日毎日の、ほんのちょっとした差が、長い時間の積み重ねの中では、大きな差となってゆくのだろうなあ。

かといって、仕事だけ!という毎日ではつまらないし。。。

そう、出荷の作業は、やっぱり僕の中では、「仕事」という感覚です。責任やプレッシャーも、それなりに味わっております。農作業そのものは、仕事という感覚はあまりないです。時々はきついなあ、と感じますが、やっていて苦になることはほとんど無いです。


いつも、同じことばかりで申し訳ないですが、やっぱり、結局、もう、

バランス。ぼちぼち。ほどほど。ですね。


今日もお疲れ様でした。感謝!




スポンサーサイト

2010年03月11日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< あご | 南の大地より  椛島農園日記TOP | GKK >>












管理者にだけ公開する