性分

5月13日(木)

今日も五月晴れの一日でした。

昨日書いたものを読み返してみると、うーん、はなはだ恥ずかしい限りです(苦笑)。

思わぬことに、なんだかさっそく復調してきました。大騒ぎしておいてすぐにこれでは、これまた恥ずかしい・・・。でもとりあえずまた書いてしまうこの性分たるや・・・。

今日は、いろいろ畦草切り、さつま芋の畝立て、などなど。単調な肉体労働が多かったです。目の前でどんどん仕事が片付いていくのは、とても気持ちが良いものです。

そうなると、ムシにも目がいきます。

ナミテントウ(テントウムシ)。個体によって模様もいろいろです。

100513テントウ

幼虫。

100513テントウ幼虫

さなぎ。カラスノエンドウにて。

100513テントウさなぎ

ムシヒキアブの仲間(だと思います)。

100513ムシヒキアブ


夜峰山をバックに玉ねぎ。

100513玉ねぎ

ちょっとみどりが薄いです。肥料分が足りずにとう立ちしてしまわないかなあ、と若干ひやひやしております。



本当に、気がつけば農繁期。出荷もたくさん。途中だらだらと休憩ばかりではありますが、文字通り日の出から日暮れまで動いてます。出荷再開で、事務仕事もぼちぼち増えてきました。でも、適度に忙しい状態は、精神衛生上すごくよいですね。落ち込んでいる暇はないのだ。と、興南高校の監督さんがおっしゃっていましたね。本当に、そのとおり。

やるべきことを段取りして、体と頭をしっかり使って、一日働いて、夜に風呂に入り、ご飯を食べて、たまにはビールの一本でも飲んで、9時か10時には寝て、5時には起きる。いや、起きたい(笑)。

幸せの形はいろいろあるけど、そういう毎日は、間違いなく幸せのひとつの形だなあ。





それにしても、落ち込むのも立ち直りの早さも、激しすぎる・・・。まるでジェットコースターだな。これやけんいかんたいね~。淡々ぼちぼちでいかんとね(笑)。



スポンサーサイト

2010年05月13日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< お月さま | 南の大地より  椛島農園日記TOP | デジカメ来た >>












管理者にだけ公開する