畑の様子

6月1日(火)

相変わらず、すっきりしない天気が続いております。晴れていても何だか肌寒い感じがする毎日です。

出荷10箱。春のなっ葉の除草、間引き、追肥。明日の出荷用意。あと、小松菜の種まき。本来ならばもう遅すぎるかなあ、というタイミングなのですが、今年は気温が上がってくるのが遅いようなのでまきました。この気候だと、おそらく夏野菜の収穫開始は遅くなりそうです。でもそのぶん、春のなっ葉が梅雨にはいってからでもピンピンと元気に育つのではないかな、という算段で一応まいてみました。

今週のセットの中身は、

人参、玉ねぎ、大根、カブ、スナックエンドウ、絹さや、小松菜、キャベツ、リーフレタス、サニーレタス、ソラ豆、卵、ニラ、ルッコラ、ブロッコリ、ラディッシュ。卵。

のうちの10種類程度、という感じです。今週は、種類はあるのですが、どれも数が足らずに、畑を歩き回って入れられるものをなんとか見つけております(笑)。来週、再来週ごろには、ジャガイモやズッキーニが入ってくる予定です。人参も大きくなり、充実の中身となると思います。しばしガマンです。

畑の様子。

ナスやピーマン。風当たりのよい畑なので、支柱をしっかりと立てている最中です。

100530ナスピーマン

ズッキーニ。最初にとれる夏野菜です。春野菜と夏野菜の間をつないでくれる、頼もしい奴です。もうちょっとで収穫開始です。僕としては、ピーマンの次に好きな野菜です。

100530頼みの綱ズッキーニ

田植えも無事終わりました。


100530田植えおわり

昨年、一昨年と、いろんな方が集まってのイベント的田植えをしました。今年は、いろんな段取りが後手後手になり、「あ~、もう、今年はいいや、ひとりでやっちゃえやっちゃえ、まあ、がんばれば一日で終わるやろう」というわけでロンリー田植えとなりました。

ふたを開けてみれば、五畝ほどの田んぼですが、実質6時間程度で終わりました。体がきつくてたまらない、というようなことも全くなく、あまりにあっさりと終わりびっくりでした。最近、こういうことが多いです。うまく説明できないのですが、農作業全般に慣れてきたということなのでしょうかね。最初の農場居候から数えて、農的暮らしも今年で8年目。じわじわと、力がついてきているようです。こういう、農的持久力みたいなものは、何ものにもかえられない財産ですね。お隣のじいちゃんは95歳でまだまだ現役。道のりは長いです。


さらに蛇足。

先日、サッカーの日本vsイングランドの試合を見ました。サッカーに詳しい友人宅で観戦。本当に久しぶりにじっくりと日本代表の観戦となりました。

W杯本番に向けて、確かに希望の出てくる試合でしたね。そして、何よりもびっくりしたのは、キーパー川島の大活躍でした。観戦中、何回「すげ~」と連呼したことか。

PKを止めたときの、彼の表情を見ていて、ある人のある顔を思い出しました。

貴乃花が、怪我を押して土俵にあがった武蔵丸との一戦。記憶に残っている方も多いことでしょう。あの時の貴乃花の鬼の形相と、今回の川島の形相が重なって見えました。人間、生まれてきて死ぬまでの間に、一回でも、こんな顔をして勝負どころを迎えられるというのも、幸せのひとつの形だな、と感じました。いいもん見させてもらいました。ありがとう!でもちょっと寝不足で翌日きつかった。自業自得(笑)。

というわけで、せっかくの4年に一度のお祭りなので楽しまなくちゃ損。ワールドカップを、ほどほどに、観戦していこうと思っています。こういう、ちょっとした楽しみって、なかなかいいものですね。


スポンサーサイト

2010年06月01日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 黒岳探鳥会 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | エサキモンキツノカメムシ >>












管理者にだけ公開する