玉ねぎ

6月8日(火)

時折は晴れ間も見えましたが、今日もまた曇天の一日でした。

今日は、出荷10箱。畑のトラクターがけ。そして、



100609玉ねぎ修正

玉ねぎの収穫開始。

収穫適期になると、茎がへなっと倒れてきます。大体、7割くらいの株が倒れたらいっぺんに収穫します。大体例年なら今頃収穫の時期です。晴れが続く日を狙って、一気に収穫、そして手早く納屋に吊り下げます。そうすると、翌年の2月頃までは保存がききます。

今年は、天候不順で生育が遅れたため、まだ収穫のベストタイミングまであと3、4日といった雰囲気です。週末ごろでしょうか。でも週末からはドンピシャのタイミングで入梅してしまいそうです。場合によっては雨が何日も降り続く可能性もあります。

もしそうなれば、収穫のタイミングを逃してしまうことになります。かといってあんまり早く収穫してしまうともったいないです。いかんせん玉ねぎは、最後の最後でグンっと玉が太ります。うーん、こまったこまった。

というわけで、まだ1~2割ぐらいしか茎は倒れていないのですが、ぼちぼち収穫をスタートさせました。天気予報と、玉ねぎの倒れ具合を見比べながらの作業です。さてはて無事に収穫できるかな~。多少緊張感を覚えますが、こういうのは結構好きです(笑)。

今のところの手ごたえとしては、今年の収量は、まずまずといった感じです。玉の太りが遅かったので、「今年はだめかなあ~」と思っていたのですが、最後の最後で盛り返してきました。味のほうも、それなりに仕上がっているように感じます。まあ味は主観的なものなので、僕から「おいしいですよ」とは言わないようにしておりますが(笑)。




さて、友人から借りた本。

100609九州の沢と源流

今年の夏は、8年ぶりに沢登りに行こうと思っています。行けるかな~。時間を作れるかな~。体が動きを思い出すのかな~。

計画を練るだけでわくわくします。

東京に住んでいて、いつも山に行っていた頃には、2泊や3泊は当たり前。年に数回は1週間や10日位の山に入っていたのになあ。2ヶ月や3ヶ月の旅行もちょくちょく行っていたのになあ。

今の目の前の目標は、せいぜい日帰りか、夜行日帰りの山。しかも、夕方に戻ってまた仕事、といった感じだろうなあ(笑)。行きたい山のレベルは、比べ物にならない。でも、なんとか頑張れば実現可能な位のハードルを設定して、具体的にやれることをやっていくというプロセスに対する手ごたえは、今のほうがずっとずっと大きいみたい。年をとっていくのは、なかなかステキなことです。

よく働き、よく遊ぶおっちゃんになりたいものです。

よし、明日も玉ねぎがんばろー。残り、おそらく、8000本位、かな。

仕事は、やれば終わるし、やらなきゃ終わらん。ひとりでも終わりそうだったら、ちゃっちゃと終わらす。終わらせそうになかったら、誰かに手伝ってもらう。きわめてシンプルです。肉体労働バンザイ!


スポンサーサイト

2010年06月08日 田畑 トラックバック:0 コメント:1

<< | 南の大地より  椛島農園日記TOP | わからん! >>

毎日お疲れ!!
忙しそうだけれど、Blogの更新と美しい青空の写真を見ると素敵だなぁと思います。かばちゃんがおっちゃんになった時の様子がたのしみです!きっととても素敵なおっちゃんになれるよ☆
ところで明日から2泊で羊蹄山に登ってきます。準備してたら遅くなっちゃった!じゃぁね☆

2010年06月11日 たま虫。 URL 編集












管理者にだけ公開する