6月12日(土)

例年よりだいぶん遅れましたが、とうとう今日梅雨入りしました。

梅雨の前にどれだけ仕事を進められるかは、ひとつの勝負どころです。雨続きでなかなか畑に入れないでいるうちに、目も当てられないほどに草だらけになっちゃった、という状況は避けたいところです。今年は、この2週間ほど晴れ間が多かったおかげで、まずまず仕事を進められました。よく頑張りました。ちょっぴり自分をほめてあげたい気分です(笑)。

今朝、ちょっぴり気分がへこむことがありました。「こんな日は予報どおりに朝から雨が降ってくれればいいのになあ。そしたら、開き直ってお休みにしよう。」と思っていました。が、なかなか降り出しません。ならば、こんちくしょう、いっちょ大仕事をしちゃるぞ、と思い立ち、玉ねぎ収穫後のマルチ片付け、堆肥撒き、トラクターがけを進めました。キアイで(笑)、夕方雨が降り出す前に無事終了。

目の前のことに集中するということは、素晴らしいことです。ああじゃこうじゃ考えてしまう時は、それはそれで仕方なし。大事なのは、そんな時でも、とにかく、具体的に、具体的に、動く。働く。動く。動く。動く。動く。

途中「こりゃ量が多すぎる。終わらんかなあ。」と感じても、無理やりにでも、堆肥を撒き終えてトラクターをかけ終わった畑の姿をイメージする。そして、動く。動く。

すると、不思議なことに、終わってしまうものです。そしたら、なんとなく、よい風が吹いてくる。かもしれません。吹かなくても、まあ、いっか。と思えます。


毎日こんな感じだとちょっと疲れるけど、こういう日があるのも、いいものです。





そして、できることならば、そんなふうなよい風が、皆さんのもとにも吹けば、ステキだなあ。


スポンサーサイト

2010年06月12日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< 挟土さん | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 玉ねぎ >>












管理者にだけ公開する