ちょっとした端境期

6月21日(月)

久しぶりの更新です。来客、ワールドカップ観戦と続き、間が空いてしまいました。

客人とのご縁も、ワールドカップ(日本戦しか見てないけど)も、なかなか楽しい時間です。いろいろ書きたいけど、長くなるので、またそのうち。

さて、阿蘇では、梅雨らしい天気が続いています。今年の梅雨は今のところ豪雨といったほどの降り方はまだなく、ほどよい雨の毎日です。願わくば、もう少しは晴れ間が欲しいところですが、まあ、よしとしましょう。鹿児島のあたりでは豪雨が続いているようです。そのうち九州北部にも激雨が来るでしょう。カクゴするに如くは無しです。

今週は、春野菜と夏野菜の間のちょっとした端境期といった感じです。

キャベツ、レタス、大根、かぶ、間引き人参、キューリ、ピーマン、インゲン、玉ねぎ、ズッキーニ、といった感じです。もうちょっと陽がさせばピーマンやズッキーニ、キューリなどがどんどん実を太らせるのですが、まだイマイチ、といった様相です。それに、新ジャガイモや、ニンニク、卵をいれて、なんとかいろいろかき集めて10種類くらいはそろえることができそうです。


100620セット

大体こんな感じです。

「今週はなんだかいまひとつね。まあ、こういう時もあるものだしね。ご苦労様~」という感じで箱をあけた時におっしゃっていただければ嬉しい限りです(笑)。


畑の里芋。雨を浴びて、すくすく大きくなっています。

100620里芋


ここ数日、梅雨入り前に作業をふんばって続けた疲れが抜けてないなあ、溜まっているなあ、という感じがしています。そして、悪い癖がでて、休めばいいのに、「あっ、雨があがった。また降りだす前に、いまのうちにさつま芋の草をとっておこう」と、ついつい畑に出てしまいます。こういうのは、よくないなあ。そして気がつけば、雨にひきずられるかのようにちょっと気分もイマイチになりがちです。

イマイチの時には、イマイチなりに、ほどよく力を抜いていきたいものですね。「もう、今日は何があっても休むぞ。本を読むぞっ」という日をいれていかんとね。

バランス感覚にちょっとずれが生じているのを感じた時には、そのサインを見逃さないで、早いうちに修正していきたいものです。自分なりのバロメーターを持てれば楽です。

僕の場合は・・・。ぼちぼち。ほどほど。とりあえずなんでも肯定。期待しない。一歩一歩。ありのまま。いきあたりばっちり。そういう感覚がなんとなく薄いな~、という時はやや黄色信号。うまいことガス抜きしないとね。

まっ、ぼちぼちでいきますっ!

スポンサーサイト

2010年06月21日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< てんこもりにもほどがある | 南の大地より  椛島農園日記TOP | オニノヤガラ >>












管理者にだけ公開する