夏風邪

7月7日(水)

久しぶりの快晴、梅雨の中休みの一日でした。

一昨日の晩に喉の痛みを感じ、昨日はけだるさと闘いながらなんとか午前中に出荷だけ終わらせて、午後はまるまる寝込みました。夕方にはいったん起きて明日の出荷用意をしとかないと、と思っていたものの、体が重く断念。でもそのせいで夜はなかなか眠れず、そのまま横になったまま読書三昧。梅雨にかこつけて、数ヶ月ぶりにがっつりと読書モードに入ってしまいました。

  ちょっと蛇足だけど、ここ5日間で読んだ本。読みすぎっ!

  告白 町田康
  悪人 吉田修一
  ワンちゃん 楊逸
  風車の見える丘 旭爪あかね
  月光浴 旭爪あかね

  梅雨明けとともに、また読書モード封印だなあ。ちょっとさびしい気分。
  いろいろ感想も備忘がてら書いておきたいのですが、また後日。
  はい、蛇足おわり。




それでもまあなんとか朝は5時に起きることが出来て、いつも通りに午前中に出荷完了。今日は8箱。昨日は13箱。ひとりで切り盛りするにはけっこうぎりぎりの数になってきておりますが、せっかくかけて頂くお声に応えられるようにガンバリ中です!午後はジャガイモ掘り。体調もあっさりと盛り返してきて、よかったよかった。どうしても、ひとり農家は、農繁期に体調を崩してしまうと、理屈じゃなく、「うーん、これはけっこうしんどいな~」と感じてしまいますね。人間なんて、弱っちいもんだなあ~。

今週のセットは、

卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、キュウリ、インゲン、小松菜、キャベツ、大根、ミニトマト、といった感じです。ずっとお日様が照らなかったので、夏野菜の実の生りがいまひとつ。人参がどうも今春は失敗のようです。今の時期に入れられないのはちょっと悔しい。まあ、また来年ですね。



インゲン。

100707インゲン


花が咲き、

100707インゲン花

実をつけます。

100707インゲン実

鞘が大きくなっても軟らかいのが特徴です。大きめのものから小さめのものまで収穫できる=毎日収穫しなくてもよく、出荷の日にあわせてとればよい=手間を減らせる=他の手間がかかる野菜に目を仕事を行き渡らせることができる。という理由で、モロッコを植えてます。これは、少量多品目農家としては、かなりありがたいことです。もちろん食味もいい感じです。

左は一回目のキューリ。今年は絶好調。右はゴーヤ。同じく元気です。

100707キューリ&ゴーヤ

100707キューリ

キャベツも、小ぶりですが、この時期のものとしてはまずまずの仕上がりです。

100707キャベツ

いまの時期の無農薬キャベツは、虫除けネットを作ってくれているメーカーさんの努力の賜物です。もしくは、手で虫をとっている有機農家さんの粘り強い努力の成果です。あるいは、農家さんのもとで必死になって働いている研修生諸氏の尽力の結果かもしれません。もちろん椛島農園キャベツは、防虫ネットの力をだいぶん借りてなんとか出荷までいたっております。感謝です。


さて先日、友人宅にて行われた溶接講座に顔を出してきました。

100704溶接講座

100704溶接講座2

講師は、友人Bちゃんのお父さん。かっこいい職人!という感じのダンディパパさんでした。

ちょっとした溶接仕事も自分で出来たら、またひとつ「百姓」に近づけるかな。まあ、道のりは遠いなあ。ぼちぼちいかんとね。


追加一枚。

100704セスジスズメ

溶接も気になったが、ハウスにいたセスジスズメにも目が向いてしまう(笑)。里芋の「害虫」さんです。お手柔らかにお願いしますよ~。

スポンサーサイト

2010年07月07日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< アサギマダラ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 告白 >>












管理者にだけ公開する