またいろいろ考える

いろいろくだらないことを考えるのが僕の癖です。長所でもあるし、短所でもあると思います。

ぼかし肥のしこみです。新しく借りた畑の土が、えらく痩せているので、どんどん使い、なくなっていくので、またたくさんしこみました。

hirogete.jpg


今回の材料は、飼っている鶏の糞、近所の精米所の米ぬか、あとはこぼれ餌としてふすまやおからなどがまざってます。身近に手に入る有機物を有効活用です。中身を自分で決めて、質を確かめて、自分で納得した上で、肥料を作り、畑に入れられるということは、贅沢なことです。満足です。でも汗だくです。

混ぜて、水分を足して、山にして、

yamanisuru.jpg


イヤー、いい汗かいたなあ、と思っていると、ラジオからニュース。
GDP速報。大幅な減速だとか。でも景気の足取り自体は底堅いらしいです。

汗を拭きながら、この、貰い物の材料を、混ぜ繰り回して山にしているこの行為は、GDPにはまったく関係ないんだよなあ。もしお金を出して肥料を買えば、GDPはあがるんだよなあ。最近はあんまりそういう話はきかないけど、農薬中毒になって、病院にかよっても、GDPは上がるんだよなあ、でも、景気が悪いと、僕の野菜を買ってくれるお客さんがへるかなあ(笑)なんて、くだらない独り言的思考が僕の癖です。

トマトの花。ピークは過ぎてきました。実の付き方に勢いがなくなってきました。でも、まだまだ元気。

tomatohana.jpg


花が咲いても全部に実が付くわけじゃない。でも咲かないことには始まりません。まだまだたくさん咲いてます。いい感じです。

トマトを看ていると、ふわふわと飛んできた輩。

tiameba.jpg


アメバチの一種です。アメバチは、ヒメバチ科の仲間です。ヒメバチ科の蜂は、蝶や蛾やハエ、蜂、甲虫などの幼虫やさなぎに卵を産みます。卵から孵った幼虫は、そのまま幼虫やさなぎを内側から食べていき、殺してしまいます。それぞれの種が、寄生する(卵を産み付ける)相手をきめているので、なんとヒメバチ科の仲間は1万種もいるらしいです。凄い棲み分けです。自然界の複雑さと多様性にびっくりです。こいつはどんな獲物をねらっているのかな?

スポンサーサイト

2007年08月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 菜っ葉スタート | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 高原の森 >>












管理者にだけ公開する