なすすべもなし

8月6日(金)

今日も暑い一日でした。

最低気温22度。最高気温31度。夏真っ只中です。

先日まいた人参がまだ芽を出さず、やきもき中です。もうひと雨欲しかったのですが、なかなか降らず。そして、確実に芽を出すには、水遣りをすればよいのですが、手が回らず。まだお盆前くらいなら蒔きなおしは効くので、焦らずにいきます。

九条ネギと、下仁田ネギ。

100801ねぎ

手前は春巻きの苗を定植したところ。奥の大きいのは、株分けのもの。10月ごろから株分けのものは出荷できそうです。


自家用の大豆。地力がないところを選んだので、豆にとってはいい環境のようです。元気です。

100801大豆

里芋も、今のところいい感じです。朝日のあたる前の一枚。
100806里芋

ルリモンハナバチ。ヒロハトラノオの蜜をすっています。

100803.jpg

数年前に友人が見つけた、アオタテハモドキ。

100801アオタテハモドキ

沖縄や八重山の蝶だそうです。おそらく、台風か何かで阿蘇にまで運ばれてきたとのこと。食草はキツネノマゴ。キツネノマゴは阿蘇にもあるので、仮にカップルができて卵が孵り、幼虫はキツネノマゴを食べて生き続けることはできます。が、「ありゃりゃ、なんだか沖縄とは違うぞこりゃ、寒いな。ああ、寒い寒い、うわ、雪だ。さむ、さむ、さ、、、」という感じで寒さに耐えられずに果ててしまうのでしょう。そして阿蘇では次の世代まではいのちはつながらないのです。いろんなドラマがあるのだなあ。

アブラムシの出す汁を吸う、アリ。共生関係です。畑で、野菜の葉や茎にアリが目立つようになると、アブラムシのサイン。アブラムシは、土の栄養バランスの偏り、特に窒素過多のサイン。アブラムシを責めるより、肥料の入れ過ぎでバランスを崩してしまったことを反省しないとね。

100801あり


で、ここから本題です。

先日紹介したとおり、今年はニジュウヤホシテントウがものすごい勢いでナスやトマトの葉っぱをかじっています。葉っぱどころか、実もかじっています。まあ、きちんと剪定して、秋茄子で盛り返すようにサポートすることは可能ですが、しばらくの間はお手上げ状態です。

いろんな原因は考えられますが、一番大きなものは、おそらく元肥の入れすぎです。植え付け直後に窒素がどーんっと効いてしまい、いっきに大きくなりすぎました。葉っぱが茂りすぎて、虫が寄るには絶好の環境となったようです。本当は、すぐには肥料が効かないように、株元にしっかり溝を掘って、深いところに、つまりあとから効く用意ように肥料(堆肥)をいれてあげればよいのですが、忙しさにかまけて手抜きをしてしまいました。株元全体に振りまいて耕して「まあ、よいか」としました。量を少なめにしていれば問題なかったのですが、ちょっと多かったようです。しかも、鶏糞を多めに使ったので、なおさらすぐに効いてしまったみたいです。



そこで、問題発生です。そして、ちょっといい話です。



すぐ隣の、有機農業大先輩Dさんのハウスに植えられているナスに、椛島農園直送ニジュウヤホシテントウがじわじわと飛んで行きはじめたのです。あれよあれよという間にDさんのナスも葉っぱがなくなってきはじめました。

これはやばい、自然相手だから100パーセント俺の責任というわけではないのだろうけど、70パーセントくらいは俺のせいだな、やばいやばい、と思い、

報告&お詫びに行きました。

すると、Dさんは、さらりと、「まあ、しょうがないですね~」

おおっ!

「ニジュウヤホシばかしは、もうどうしようもないよ。手で潰しても、潰しきれないし。まあ、秋茄子に期待だね」と、話を続けていると、

Dさんとともに農園を営むYさんが、さらに一言。

「そう、ニジュウヤホシはねえ、、、 なすすべがないよ」


しばし間。


そう、ナスゆえに、なすすべもなし!

フランス出身のDさんにはちょっと難しかったらしく、「おっ、Yちゃんでましたね~。でも、今日のはちょっと難しい。私わからない」

おお、なんたる寛容。長年有機農業を営んでいると、それこそいろいろあるのでしょう。いちいち「誰のせいだ」という発想をするより、自然のリズムにそって淡々と働いていくということなんでしょう。いろんなことを受け入れていくということなのでしょう。研修時代を入れてもまだ僕は6年目。経験が足らんのだなあ。頭が下がります。感謝です。いい勉強になりました。


なんとなくまだまだ調子はいまいちですが、こういうちょっとしたやりとりに、「よし、まあ、いっか。」と、救われる気持ちになるものですね。

これから先しばらくは、地区の祭り、友人の結婚式、盆の墓参り、新規就農セミナーのちょっとしたお手伝い、鶏の新しい雛を入れる準備、などが続いて畑以外にも忙しい時期ですが、まあ、イッキイチユウヒキコモゴモ、タンタンボチボチ、やれることやっていきたいと思います。


はい、そういうわけで、ちょっといい話でした。ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

2010年08月06日 ちょっといい話 トラックバック:0 コメント:0

<< 人参 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 畑の様子 >>












管理者にだけ公開する