明けましておめでとうございます

1月2日(日)

明けましておめでとうございます。

早いもので、今年で阿蘇に来て5年目となりました。時が流れるのはあっという間ですね。

今年が、皆様にとって、すてきな年となりますように!

皆様ひとりひとりが、自然体で、楽しく過ごせますように!




さて。久しぶりに、写真てんこ盛りです。


今朝、山に行ってきました。近所の根子岳です。

3時半起床。4時出発。タイヤにチェーンをつけた軽トラでとろとろ走り、登り口へ。身支度をして、5時20分ごろ登り始め。

昨日の夕方までちらついていた雪も落ち着き、無風快晴。見上げれば星空。トレースもなく、ふわふわの雪に自分のトレースをつけていくのは、至福のひと時でした。次第に雪はひざまでの深さとなり、軽いラッセル。8年ぶりにアイゼンをつけて歩き、とても懐かしい感覚を思い出し、ちょっとわくわくしてしまいました。

7時前に頂上。晴れてはいましたが、少しガスがかかり、高岳方面、祖母山方面の視界がいまいちなのが、残念。

でも、久しぶりに目にする雪景色に、やや興奮。写真をとりまくり、1時間ほど頂上にいました。最後はさすがに寒かったです。



根子岳東峰にて。

110102夜明け前

110102朝焼け

阿蘇谷の朝。

110102阿蘇谷

樹氷。

110102樹氷

だいぶ陽が高くなり、下り始めたら、稜線のガスが取れてきました。

110102根子岳稜線

我が谷、南郷谷。

110102南郷谷

無事下山。

110102根子岳

登り口。雪は、すごい。何気ない景色が、輝いて見えます。

110102登り口


そのまま、新年の挨拶で、いつものように野草園へ。居合わせた、いつもの顔ぶれで散策。

110102野草園2

自然観察の師匠、友人Mちゃんも、雪景色にテンション高めでした(笑)。

110102野草園

卯年ということで…。野うさぎの足跡。進行方向は、上。下側の二つが、前足。前足を縦に並べておいて、ぴょんっと跳ねて、後足を横に並べて着地です。

110102うさぎ

こちらは、猪。進行方向は、右。大きな、前のひづめが二つ。小さな、後ろのひづめが二つ。

110102猪2

なので、この足跡をつけた猪さんが、どう動いたか、だいたい分かる、というわけです。さてはて、ここでUターンしたのは、何を思ってのことでしょうか。そういうことも、足跡から分かったら、もっと素敵ですね。

110102猪

イラガのまゆ。硬いです。縦(長軸方向)では7.7㎏、横(短軸方向)では6.4㎏まで耐えられるそうです。ほ~。

10102イラガ

ヤドリギ。他の木に寄生して育ちます。今は、黄色い実をつけている季節です。

110102ヤドリギ

実は、ヒレンジャクなどの鳥が好んで食べます。ねばねばしています。そして、消化しきれない種子は糞の中に残り、こんな感じで、拡散されます。この種子も、次の春には芽吹いているのかな。チェックしとこうっと。

110102ヤドリギ種

雪面に散らばっていた、鳥の羽。

110102羽

110102羽拡大

おそらく、ハイタカ(と思われる)猛禽類が、他の小鳥を襲った跡だと思われます。先日も、ヒヨドリが襲われる現場が見られました。山から下りて、お茶とお菓子でわいわい話をしている最中に、ハイタカの朝ごはんがすんでしまったようです。あ~、お菓子ぽりぽり食べてないで、はやく外に出ていれば現場を見れたかもしれなかった…。まっ、しょうがない。

やっぱり、こういうのも、とにかくちょくちょく見に行くことなんでしょうね。犬も歩けば棒にあたり、素人も歩けば、鳥を見られる。というものです。今年も、ぼちぼち、マイペースでいきもの観察を楽しんでいくぞっ、と思う正月となりました。


さてさて、明後日からまた発送再開です。初日は11箱。気を抜かないようにしないとね。というわけで、明日から普段どおりに出荷用意スタートです。あっという間の正月休みでした。さてさて、ぼちぼち、淡々、一歩一歩。今年も、しっかり歩いていくことにします。

スポンサーサイト

2011年01月02日 風景 トラックバック:0 コメント:0

<< よれよれ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 年の瀬の表現アートセラピー >>












管理者にだけ公開する