さまざま

1月12日(水)

寒い日が続いております。週末には、大寒波がやってくるようです。大根やカブやキャベツが果たして寒波にまけてしまわないか、ちょっとどきどきです。

今日は、出荷。鶏の餌の米ぬか調達。いろいろ片付け。ぼちぼちの一日でした。


日曜日の、指宿菜の花マラソンは、なかなか楽しい時間となりました。

去年と比べて、1時間40分ほどタイムが縮まり、4時間ちょっとでゴールできました。このくらい走りこめば、このくらいタイムが伸びるのか~、へぇ~、という感覚をつかめたのが収穫でした。やっぱり、成果が目に見えてわかるのは、うれしいものですね。ちなみに、今回ご一緒させてもらったベテランランナーさんいわく、「年齢は関係ない。走り始めて10年目くらいにだいたいベストがでる」のだそうです。ほぉ~。

今年も、福岡のむすび庵チームに便乗参加させてもらいました。左下の赤いのが僕です。

110109菜の花

友人の友人、といった感じのご縁で集まり、「せっかくだからみんなで乗り合わせていこう」と、バスを一台借りての福岡からのツアーとなりました。土曜の夜に福岡を出発、熊本組は、高速のバス停で拾ってもらっての合流。

マラソン初参加の方から、自己ベスト2時間半ちょっとの方まで、さまざま。年齢も、20代から60代までばらばら。職業も、本当にいろいろ。走り終わったあとに一泊した夜の宴席は、なかなか味わい深かったです。「マラソン」という縁でたまたまつながった人々が、「私、こんなことしてまして」と自己紹介していき、それに質問や感嘆が飛び交う場は、まるで小劇場で演じられているちょっとシュールな演劇でも見ているかのようでした。

こういう「場」は、いいものです。普段会わないような方と知り合えたり、たくさん人がいる中で「ああ、すごい。俺ももっと謙虚に、しっかりとやれることやろう」と刺激をうけてみたり、「おっ、この人はこういう人なのかなあ」と人間観察をしてみたり、「あっ、また自分のことばかりしゃべりたがってるわ」と自分観察をしてみたり…。人間好きの人間苦手なカバシマとしては、脳みそフル回転で疲れもしますが、とても充実の時間でした。やっぱり、なんだかんだいって、他のなによりも人間がいちばん面白いのかもね。


何せ2万人近くが走る大会。会場は、ものすごい人人人。景気が悪いと言われ続けていますが、いやー、これだけの人がただ単に走るために集まるのですから、日本はなんて平和なんだろう、と思っちゃいました。

110109菜の花2

まるで嘘みたいに、切れ目無くゴールする人が続いていました。

110109菜の花3

指宿の顔、開聞岳。秀峰です。

110109開聞岳

ちなみに、菜の花マラソン参加ということで、消防団の出初め式はお休みを頂きました。自分としては、ちょっと申し訳なく、ちょっとラッキー、という感覚。出初め式のあとの飲み会は、あとから聞いたところ昼過ぎから日付が変わるまで続いたとのこと。

マラソンを走るほうが10時間ほどつづく飲み会より楽と思うのか、はたまたその逆か、あるいは両方とも大好きに思うか、もしくは両方とも勘弁してっ、と思うのか。人によってさまざま。その違いがあるからこそ、人はやっぱり、面白いのかも。今日の結論は、なんだか、そういうことのようですなあ。

スポンサーサイト

2011年01月12日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:2

<< 大豆 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | よれよれ >>

指宿お疲れ様でした。
写真を拝見していると,あの日のことが思い浮かび,ニヤけてしまいますね。
とても良い大会でした。

普段の練習と違って大会では周りのパワーや熱気を感じることができ,これまた刺激になります。

この日のためにみなさん,それぞれの思いを胸に練習されているのかと思うと,自分も頑張ろう!という気になります。

これからもよろしくお願いします。

2011年01月14日 インヤン URL 編集

椛島さん、マラソンお疲れ様でした。福岡から参加してたおおちゃんです。
しっかり準備をされてた椛島さんと違い、ほぼぶっつけ本番だった自分は体がビックリしているようで、ちょっと体調崩してます(笑)
椛島さんとのお話の中では、生き方が「豊か」かどうかという内容がとても心に残りました。これまでは「後悔しない生き方」をひたすら選んできましたが、そこに「豊かな」生き方という視点を加えると、より充実した毎日になるのではないかと強く感じました。
今回椛島さんと出会えたこと、とても嬉しく思います。
小国に行くときは必ず寄りますね☆
ブログもちょこちょこ拝見させてもらいますので♪

2011年01月14日 takashi URL 編集












管理者にだけ公開する