レオさんとお肉

3月4日(金)

三寒四温のまっただ中。しばらく暖かい日が続いておりましたが、昨日は雪がちらつき、今朝も-6度ほどに冷え込みました。ひと雨ごとに春が深くなってくるのを感じられる時節は、なんだかわくわくします。

来週から、5月の連休頃までの間、セットの宅配のお休みに入ります。春の端境期です。

しばらくの間、ねぎと人参、サツマイモ、卵、菜の花ぐらいしか種類がそろいません。資材をもっと気合を入れて使ったり、ハウスがもうひとつあればなんとか休みなしでいけるのでしょうが、まあ、無理をせずに、自然のリズムに添っていくことにします。

毎年のことながら、お休みの間、温かくお待ちくださっている皆様には、感謝感謝です。

休んだ分だけ収入が減るというのが自営業の現実ではあります。でもまあ、短い期間だし、借金があるわけではないし、田舎で暮らしていると基本的な生活費がとにかく少なくて済むので、まっ、いっか、という感じです。それよりも、種まきや植え付けなどが忙しいので、それらに集中したり、家のリフォームに手をまわせる期間なので、その歓びのほうがはるかに大きいです。

年によって違いますが、10ヶ月か11ヶ月間は、出荷箱詰め作業が生活の中心です。大事な大事な作業であるだけに、体というよりかは、気を使い、疲れが溜まってきます。そして、段取りもいまいちなので時間もかかります。お休みをいただけるのは、正直なところ、やっぱりうれしいことです。感謝!

ひとつだけ困ることは、野菜はお休みでも、鶏さんはそんなことはお構いなしに卵を産み続けるということです。卵の7割から8割は野菜セットの中に組み込んでの販売です。なので、野菜がお休みの間、ぼーっとしていたらどんどん卵の在庫が溜まってしまいます。毎年どうにかこうにか工夫してなんとか卵を販売しております。今年もいっちょがんばらねばなりません。野菜セットが再開する5月以降は逆に足らないことも出てくるので、なかなか営業がしづらく、困ったものです。どなたか、いいアイデアがあったら知恵をくださいね。




さて。

去年の9月生まれの雛が先月卵を産み始めました。そこで、先輩鶏さんたちに、お肉となっていただきました。おいしいかしわ肉です。

宣伝用の写真を撮ろうとして試行錯誤していましたが、なかなかうまくいきません。光の当たり方がどうだとか、下に敷く布はなにかないかとか、美味しそうに見せるためには霧吹きで吹いたほうがいいのか、笹の緑で盛り立てるか、とか…。あれこれ考えているうちに日もかげってきて、うーん…。

そこに、ご近所Kさんがプラリと立ち寄り、あっさりとKさんが「とりあえずこんなんでいいんじゃない」と撮ってくれ、悲しいことに(笑)、自分の試行錯誤写真よりもすっきりと分かりやすかったので、データを頂きました。もう少し粘って、小道具を整えたり光を待ったりすればもっときれいな写真を撮れるのでしょうが、きっとどんどん後回しになるだろうし、他にもやらねばならないこと&やりたいことが山積みなので、とりあえずこれでOKとしました。

110304肉2

というわけで、自分が冷凍のお肉を上手に写真におさめるセンスが無いということがよくわかった春のひと時でした。はぁ~。どなたか、よい技があれば、教えてください。




というわけで、お肉についてのご案内。

冷凍の真空パックの中に、一羽分の胸、モモ、ささみ肉が入っています。700gくらいです。あと、ガラがついています。あわせて1300円です。

味覚はとても主観的なものです。なので、自分の商品を「美味しい」という宣伝は僕はほとんどしません。が、このかしわ肉は、本当に美味しいです。細かく刻んで、かしわご飯や、煮物、お汁、なべ、など。だしが凄くでるので、それを生かしたお料理がお勧めです。

ガラも、絶品です。ラーメン屋さんのラーメンのような出汁がでます。

床の上を自由に歩き回っていた鶏さんなので、プリプリお肉です。ブロイラーのお肉と比べるとちょっと固めですが、かめばかむほど味がでます。餌は、ほぼ国産。熊本の麦や、カツヲブシ、阿蘇の米ぬかなどを主に食べて育ちました。ひよこの頃から、抗生物質や薬剤はいっさい投与していません。ストレスの比較的少ない環境で暮らしていました。鶏インフルエンザも、問題なしです。

送料が、関東で1000円、九州で600円かかります。ご近所様、お友達などお誘いあわせの上、まとまった数でのご注文をいただけると送料が割安となります。また、数に応じて、送料をカバシマ持ちとさせていただいております。

とにかく、味は、間違いなしです! 
今日も、消防団のみんなが、「こりゃ、うまい、うまい」と言っておりました~。

まずはお気軽に、

椛島農園 tkabashima@hotmail.com  0967-67-0899

までお問い合わせ、ご相談くださいね。



ところで。

今日は、ここのところいろいろ重なって作業が遅れていたことで、ちょっとゴキゲンナナメモードでした。夜に消防団の仕事もあり、「慌しいなあ~」と、なおさらゴキゲンプリプリソワソワ気味になろうとしてほんのちょっと危ない感じでした。

が、

110304肉

写真を撮るKさん。そこに、「なにしてるの~。僕もまぜてよ~」と様子を見に来たレオさん。

そして、「おいおい、食品の宣伝に猫はまずかろう。こらこら、あっちいって。ん、でも、何だか楽しい光景だな~。レオさんキュートだなあ」と思いながらなぜかKさんとレオさんの姿を撮るカバシマ。

という場をさらにもう一歩引いて客観視して、なんだかほっこりと笑えてきて、プリプリが解けてしまいました。

一言で言うと、

まっ、いっか。

という感じ。それを、少し硬い言葉で表せば、自己肯定感という表現になるのかな。まあ、少々作業が遅れても、自分という存在の価値が下がるわけでもなく、上がるわけでもない。何が損で何が得かもわからんし、という感覚。その土台があってこその、日々の活動や努力や楽しみ、なんだなあ。

猫は、慌しさの中で時々ずれかかるジココウテイカンのチューニングを、しっかりあわせるお手伝いをしてくれます。

あっぱれだ。ありがとうレオさん。ご褒美で、今度いりこをあげるけんね~。



スポンサーサイト

2011年03月04日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 足の裏の感触 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 野焼き >>












管理者にだけ公開する