原発&罪なやつ

3月24日(木)

曇り時々晴れの一日。

出荷のお休み中ということで、植え付けなどの作業をまあまあのペースが進んでいます。今日は、ジャガイモの植え付け。種芋40キロほどで、1500株ほど。なんだかんだでひと株500gとして、750キロの収穫。ひと月に90kgほど8ヶ月間位の出荷。という大雑把な計算です。

近いうちに、サトイモの伏せこみ、サツマイモの苗作り、みょうがやアスパラの植え付け、人参、大根、菜っ葉いろいろの種まき2回目、キャベツやブロッコリ、レタスなどの植え付け。といった感じで、なかなかてんこ盛り中です。

夏野菜の苗も、まずまず順調です。


さて。

厳しい状況が続いています。岩手や宮城の被害はもちろんのこと、原発をめぐる事態にも、やきもきしてしまっています。

友人がいっていました。

今起きていることを、しっかり見なくてはいけない。そして、それをきちんと次の世代に伝えていかないといけない。(もちろんそうあってほしいのだが)結果的になんとか事なきを得たとしても、よかったよかったですませてはいけない。それは、今、この事態に居合わせたわれわれの、責任だ。

う~ん。そういうわけで、僕は今、にわかに原発のことが気になって仕方がなくなりました。

自分の考えをニュートラルにして、まずはいろんな意見や知識をいれることから始めなくては、とは思うのですが…。この状況においては、ごく当たり前に反原発的な資料・見解に納得してしまいます。

というわけで、「おおっ!」と感じたものを、とりあえず紹介。

忌野清志郎の Love Me Tender (you tube)

原発で現場監督をしていた平井憲夫さんの遺文「原発がどんなものか知ってほしい」

あと、熊本の方へ。
3月29日、西原村の風流にて18時より「緊急勉強会 原発について考えよう」が開かれます。
詳細は こちら 風流HPにて。

とにかく、無関心が、一番いかんですね。それぞれ、できる範囲で、勉強していきましょう。



やきもきはしていながらも、日常の暮らしはそれはそれで大事。こんなときこそ、西日本の人たちがしょんぼりしていては何も始まらないです。というわけで、仕事は仕事でこなしつつ…、


阿蘇神社の火振り神事に誘われて行ってみたり、

110318ひふり

地区の野焼きにも出たり、

10319よみね

しております。、


とはいえ、やはりどこかで「こういうことをしてていいのだろうか。今、ちゃんとやれる範囲でやれることをやっているのだろうか」という気が頭の隅にいつもあるような感じです。そう思うということは、やはりやれていないということなのでしょうなあ。「やれる範囲」は誰も決めてくれず、自分が決めること。この手の問いは、なかなかハードなものを突きつけてきますね。皆さん、一緒に、各々の問いを楽しんでまいりましょう。


そんなこんなで、いつもどおりに(笑)ごちゃごちゃと考えてしまう飼い主のことなどお構いなしに、

110324れおさん

幸せそうなレオさんです。

津波で、たくさんの猫も流されたのだろうなあと思うと、レオさんの姿を載せてもいいのだろうか、申し訳ないなあ、とも感じてしまいます。でも、まあ、かわいいから、よしとしましょう。罪なやつだね、レオさん!

スポンサーサイト

2011年03月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< アマナ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 1兆円 >>












管理者にだけ公開する