日々是失敗

4月27日(水)

久しぶりのまとまった雨の一日となりました。

鶏舎の中の堆肥の袋取り、田んぼのトラクターがけ、卵の出荷、ゲストルーム作り、などなど。

気温もそろそろ上がってきそうですし、今日の雨で野菜の生育もグンとすすみそうです。おそらく、来月の10日ごろから、小松菜、大根、にんにくの芽、レタス、キャベツ、間引き人参、ニラ、葉玉ねぎ、卵、という感じで発送再開できると思います。

夏野菜の定植準備を進めています。

かぼちゃのマルチ。畝と畝の間には、去年の秋に大麦をまいた大麦を借り倒しています。敷き藁というわけです。椛島農園の畑の土は、かぼちゃにはいまいち合わないようで、あれこれ工夫しています。人参や玉ねぎやキャベツなどはモリモリ育つのに、かぼちゃはさっぱりです。毎年やっぱりいまいちです。今年は品種選びと、麦大作戦で勝負です。さてはてどうなりますかねえ。

110427かぼちゃ

今日もハンサムでした。

110427れお

先日。

もっと水道を使いやすくしようと思っていじっていたら、見事に管が抜けてしまいました。ちょっとややこしい箇所が破損してしまい、困ってしまいました。これは、自分でできるのか!?道具はそろうかのか!?部品はいくらかかるのか!?そもそも業者さんに頼んだらいくらかかるのだ!?

110423水道

結果。

110423水道2

半日以上かけてなんとか段取りして、見られるようにはなりました。たまたま手元にあったパイプがぴったりの長さ。道具もお隣に借りて、問題なし。経費も、1000円もかかりませんでした。ありあわせのもので修復したので、なんだかわけのわからない無駄なバルブなどもあり、ちょいとコミカルな水道となりました。

でもでも、こういうの結構好きです。最近は、あわただしさに負けてしまってなんでも「えーい、時間がない。買ってしまおう。頼んでしまおう。」ということが多くなってきていました。とにかく、まずは、手持ちの材料で、やってみる。あるものでなんとかする。買うより借りる。そういう初心を思い出しました。

あれこれ案じるより、とにかくまずは手持ちの材料で、手持ちの知恵と技術で、手持ちの人脈で、とりあえずやってみる。なんとかしてみる。

そういう、一歩一歩感って、実に気持ちがよいものです。自由は制約の中にあるんだ、という心地よい風が心に吹いてきます。

とはいえ、お手上げなことはすっぱりと他力本願でお願いする。それもまた大事ですね。昨日は管理機が動かなくなり、業者さんに助けてもらいました。エンジンオイルをあまりにもたくさん入れすぎてしまったのと、キャブレタの激しい汚れが原因のようでした。機械は自分のウィークポイントです。次の農閑期の学習テーマのひとつに機械メンテナンスも挙げておこうっと。

日々是失敗、失敗即成長、です。

それにしても、いろいろやらにゃいかんというのは、大変だけど、やっぱり面白い。百の仕事をこなすから、百姓。いい言葉だなあ。

スポンサーサイト

2011年04月27日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< お地蔵さん | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 畑の様子 >>












管理者にだけ公開する