つゆくさ

7月10日(日)

昨日、九州北部でも梅雨が明けました。

今年は、とくにうれしく感じます。


夏に向けて、朝型生活にしよう、と最近つとめて早寝早起きを心がけていたら、今日は4時過ぎに目が覚めました。4時半から動き出しました。朝陽がまぶしかったです。思わず拝んでしまいました(笑)。そして、昼にゆったり。というわけで、昼にこれも書いております。夕方からまたちゃきちゃき。こういう時間の使い方ができるのは、ほんとにありがたいなあ、と感じております。農家のわりには夜型なカバシマとしては、とてもよい傾向です。波にのっていきたいところです。


さて、天気も落ち着いてきて、ひと安心です。あとは、毎年やっていることを、今年も淡々と、しっかりやっていけば、あと3ヶ月もすれば農繁期の終わりがちらちら見えてきます。はやいもんです。淡々、ぼちぼち、しっかりと。ですね。というわけで、今朝は黙々とひたすらジャガイモ掘りでした。のこりあと三分の一。ようやく終わりが見えてきました。


梅雨の後半、天気もいまいちだったので、ちょこちょこお出かけしてました。お見舞いにいったり、講演会にいったり、はたまた本を読んだり。いろいろ感じて、書きとどめておきたいことも多いのですが、さてはて書くのに時間がかかり午後の仕事に支障がでるので、今日は断念。


とりあえず、最近の畑の様子をのせておきます。ご覧下さいまし~。


トマトも採れだしました。

110708toma.jpg

キューリ、オクラ。草だらけです。いやはや…。

110708おくら

キュウリの花。

110708きゅうりはな

実。いぼがいたいです。

110708きゅうり

さつまいもは、梅雨の大雨にもめげず元気です。

110708さつまいも

朝露onサトイモ。

110708さといも

ベニシジミの夏型。夏型は春型にくらべて黒い部分が多くなります。なんでですかねえ。黒い部分が多いと体温をあげやすいだろうから、春に黒いほうがいいのかと思うけど。秋になると、またオレンジ部分が増えていくそうです。今年は、注意してみてみようっと。それにしても、羽がぼろぼろ。生きていくということは、すごいことだ。

110709ベニシジミ

ツユクサ。畑のにっくき雑草ではあるのですが、やっぱり綺麗だなあ。

110708つゆくさ


蛇足。FMラジオをかけていたら、海野和男さんとやくみつるさんが虫談義でもりあがって、聞き入ってしまってます。やくさんは、ベランダに発酵させたバナナを置いておいて、(招待状、と呼んでおられました・笑)、いらっしゃった虫さんに「こんばんは。どなた様ですか?」と、図鑑で調べるのを夏中ずっと続けているそうです。世の中には、虫好きさんがたくさんいらっしゃるのですねえ。ちなみに日本には昆虫は3万種いるそうです。いやー、すごい。

スポンサーサイト

2011年07月10日 田畑 トラックバック:0 コメント:0

<< ヨガ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | タケさん >>












管理者にだけ公開する