ジャガイモ

7月25日(月)

曇り時々雨の一日でした。

出荷、トマトの芽かき&誘引、家や納屋の周りのこまごました片付け、といった感じで一日が流れてゆきました。淡々ぼちぼちです。

秋冬野菜の種まきがスタートしております。

今のところ、キャベツ、ブロッコリ、レタス、サニーレタス、といった具合です。苗を育てて、お盆くらい、暑さの峠を少し越えた頃に定植開始予定です。ジャガイモを掘った後の畑に植え付けをします。ジャガイモも先日掘り終えました。収量は600~700kgといったところ。まずまずです。あとはバーっと堆肥をまいて耕しておけば、準備完了。暑いけど、これはまあがんばんなくちゃ、です。

人参も、播いています。ねぎの定植も完了。頭の中が、けっこう夏野菜モードから秋冬野菜モードに切り替わってきました。暑くて忙しいのだけど、心の中にはほんのちょっぴり涼しい秋風、そして秋の夜長のようなイメージがほんのり萌芽してきているような感じです。そういう時期です。よしっ。

ちなみに、長雨の影響もだいぶ薄らいできて、セットの中身もほどほど盛り返してきました。ただ、虫の勢いも相応となってきて、日によってはいまいちなときもありますが。

今週は、

卵、ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、ゴーヤ、オクラ、インゲン、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、伏見とうがらし、バジル、青じそ、トマト、ミニトマト、キューリ

のうちの10種類くらいはそろえられるかな、という感じです。



ひとつへこむことがありました。

110721いも

ジャガイモを掘っている時に、日に当てすぎてしまいました。午前中涼しい日だったので、油断して、お昼休みの間畑に置いたまま乾かしておりました。疲れて、「夏のジャガイモ掘りは、日差しに気をつけろ」という鉄則を守らず、「まあ、この天気ならいいやろ」と…。休んでいる間にグングンと気温が上がってしまい、気がついたときには「やばっ」というわけです。

案の定、畑に戻ってみたら、なんだかジャガイモが茹で上がったようないいにおいが漂っていました。とりあえず納屋にしまいましたが、はぁ~、どんどん後から腐れ出してきたという顛末。だいぶ無駄にしてしまいました。

そして、無駄にしてしまったこともへこんでしまいましたが、それに追い討ちをかけるように芋の選別時の悪臭もまた格別にハードでした。まあ、これであと何十年かのジャガイモ収穫で同じ失敗はやらんでしょう。たぶん。高い授業料でした。

教訓。

慣れてきた 頃が危ない ジャガイモ掘り 初心忘るる べからずよ



シシウドの葉の上にて。キアゲハの一齢幼虫。ちっちゃいです。鳥の糞に擬態してます。

110716きあげは

オカトラノオの蜜をすうイチモンジセセリ。

110716イチモンジせせり

とってもキュートですが、幼虫はイネの害虫とされています。うーん、複雑な心境。ちなみに翅にある点々4つ横一列に並んでいることから、イチモンジセセリという名前がついたようです。




蝶を見ていて、たまに思います。


人間にも、蝶の口のように、ちゅるちゅる伸びる舌でもあったら便利だろうなあ。ご飯の時も、両手で本を持って読みながら食べられるなあ。でも、ちょいと気持ち悪いですね。手塚治さんの漫画になんだかありそうなキャラにも思えます。うむ、くだらない想像、すみませぬ~。


スポンサーサイト

2011年07月25日 今週のお野菜 トラックバック:0 コメント:0

<< 虫こぶ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | さお吉2011 >>












管理者にだけ公開する