虫こぶ

8月2日(火)

曇天、この時期の割には涼しい一日でした。

今年は、ニュースでもよく言われているとおりに、太平洋高気圧の勢いがいまいちのようです。ここのところ、30度に届くか届かないかぐらいの、まあまあの暑さ、といった感じの天気が続いております。一年で一番あつい時期のはずなのに、なんだか嬉しいような、ちょっと怖いような…。

今日は、出荷、サラダ白菜とインゲンの定植。明日鶏のための小麦を取りにいくのでその用意。溜まってしまっていた事務連絡いろいろ。あ~、体があと2,3個欲しいです。


とはいえ、いや、だからこそかな、「よっしゃ、やったるか」という直感を大事にして、時間を使っていかねばもったいないです。

さて。先日、近くの友人が企画した子供向けキャンプで、

110730きねん

生き物観察プログラムの先生係を拝命いたしました。まったくの未経験、子供時代に特に虫好きでもなかった椛島が虫好き子供たちに何を教えられるというのか!?コースを下見しても、なんというか、いまいち面白い虫も鼻も見当たらない…。

ちょっぴり重い気持ちで当日行ったら、プログラム参加者は思わぬ少人数。これならば、と、近くの通いなれた南阿蘇ビジターセンターの野草園に車で移動。結果、おお盛り上がり。「オオムラサキみたい~!!」という子供たちの声や、携帯顕微鏡ファーブルで見える花の姿に感嘆の声。いやー、たいして何もしらんおっちゃん椛島でも、少しはお役に立てたようで、けっこう嬉しかったです。ほんと。マイペースで、遅々とした学びではありますが、続けているといいこともあるものです。

ルンルン気分で、家に帰り、ひと仕事続けました。

行き当たりばっちり、バンザイ。




庭のクヌギの葉。

110730くぬぎ

虫こぶが出来ています。名前を調べたくてうずうずします。哀しい性分です。でも、時間がかかるので、断念。忙しい時期は、こういうのもまたしんどい…。

名前は名前で大事だけど、美しいなあ、と眺めるだけであえてとめとておく。

それもまた、いいもんです。


と書きつつ、どなたか名前教えてください~。


   後日追記。クヌギハマルタマフシという名前がついていました。クヌギ 葉 丸玉 ふし というわけ
   です。クヌギハマルタマバチが卵を産み付けてできるこぶです。今度、割ってみた写真ものせます。


ついでにもひとつ。

ギンイチモンジセセリ。蝶キュート。夏型なので、銀一文字が、黄色がかかってわかりにくいです。一応、珍しい、といえる蝶らしいです。食草であるイネ科のススキなどがたくさんある阿蘇では、わりあいよく目にします。

110728銀イチモンジ

とはいえ、椛島は初めて見ました。いや、性格に言うと初めて見たのではないでしょうが、初めて「ギンイチモンジセセリ」と認識しました。認識してないものは、その人のなかでは存在してないということなのかも。そう思うと、自分がいかに「何にも見てないか」を感じてしまいます。勉強、勉強。知ることは、愛することへ一歩なのだっ(と、ちょっと自分の言葉に照れてみる…)

スポンサーサイト

2011年08月02日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:2

<< アリグモ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ジャガイモ >>

阿蘇は涼しいようですね。
こっちは涼しいのは朝だけ。
すぐ30度越してうだうだになります。

お腹にもう一人いるので余計暑い。
すでに9時にはクーラーをかけてしまう。

今年は野菜作り始めてみました。
オクラは植える時期が寒かったのか枯れてしまい、
パプリカはカメムシにやられ、ししとうもついたのはほんの少し・・・・

何とかできたのがミニトマトとなす。
ゴーヤも今赤ちゃんゴーヤがついて
いい感じです。

植えれば出来るってわけじゃないのは分かっているが、やはり難しい畑づくりでした。

かばさんも頑張ってくださいね

2011年08月05日 momo URL 編集

http://chrisraper.org.uk/Galls/index.htm
"red currant gall"っていうやつか?

2011年08月05日 はせがわ URL 編集












管理者にだけ公開する