ちゃきっとせにゃならんたい

8月20日(土)

降ったりやんだりの一日。降っている時の雨の激しさは、かなりすごかったです。いやはや、いつまでこんな天気が続くのやら、です。

出荷、配達を少々。事務仕事。なんとなくウダウダ体休め、読書。という感じの一日でした。近所の友達主催の親子キャンプで、鶏をさばいてお肉を頂くという企画の講師役をおおせつかっていたのですが、雨で延期となりました。

そういうのは久しぶりだったので、昨晩はちょっと気合を入れて包丁を研いだりしてみました。ですが…。今日、スイカをその包丁で切る時にあまりに切れ味が悪く、「スイカも切れん包丁で鶏をさばこうとしてたのかっ!」と自分つっこみをしてしまいました。もうちょっとましな仕事をせにゃいかんなあ~(笑)


昼間の豪雨のあとに、ちょっと気になって育苗ハウスに足を運んでみると、

110820みずびたし

見事に水浸し…。

110820みずびたし2

水が引くまで下にコンテナなどを敷いて、応急措置。

でも、これじゃあ、ある程度ひょろひょろ苗になってしまいそうです。まあ、許容範囲であることを願いましょう。

原因は、ハウスより高いところにある家の敷地の水が、流れ込んできたことにあります。そうならないように、ハウス横の道に溝を掘って下の水路に水が流れるようにしていたつもりだったのですが、つもりでしかなかったようです。

今年は柿の裏年のようで、道の横の柿の木からぽたぽた落ちてきた柿の未熟な実や、流れてきた泥が溝を埋めてしまってオーバーフローをしていました。いや~、まいった。なんとなく、大丈夫だろう、と思い込んでおりました。自分で、自分に厳しくし続けるというのは、本当に難しいことです。気が緩んでるなあ~。ちゃきっとせんかいっ!


隣のばあちゃんの花畑。


110820はな

雨がやむと、いっせいに蝶がやってきます。かなりの数です。ツマグロヒョウモンやオオチャバネセセリやアカタテハ、などなど。見事なバタフライガーデンです。雨が大変なのは、蝶も一緒。ああ、腹減った。でも、この雨じゃ、蜜を吸いにはいけんたいね~。そんな声が、きこえてきそうな、雨の一日でありました。

スポンサーサイト

2011年08月20日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< パシャッ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 日照不足!! >>












管理者にだけ公開する