臭くてすみませぬ

8月27日(土)

快晴の一日。
長らく続いたじめじめ空模様も終わり、晴れの周期にはいったようです。

一日中、地区のちょっとしたお祭りの準備。朝9時スタートで、夜の11時帰宅でした。

研修生時代から数えると、今の暮らしも7年目です。生き物とともに歩む少量多品目農家というスタイルですと、なんというか、とにかく時間の使い方が独特になります。農繁期の間は、丸々一日休み、という概念がそもそも無くなります。「よし、今日は休みっ」という日でも苗の管理や鶏の世話、収穫、お客さんから頂くご連絡への対応、などは休みというわけにはいきません。

例えばこんな感じ。朝最低限の仕事をこなし、苗の管理などがおちつく昼頃から出かけ。家に戻って、夜は事務仕事。あるいは、朝から夕方までは普通に過ごし、夕方からお出かけ。といった具合かな。人にいろいろお願いして、パーッと出かけてしまってもよいのですが、およそ半年の農繁期の間はついつい、家を空ける段取りを組むよりかは一定のリズムをキープしたほうが楽、という選択となることが多いです。

まあ、そういうメリハリの無さもどうなのかな、と自分でも思うことはあります。暮らしがこの先、ひとりではなく、例えば子供を授かったとして、このままのペースに付き合わせるとなると子供が寂しい思いをするだろうから、変えていこう、とも感じています。

ですが、夏にがんばってこそ、冬のゆったりが可能となります。メリハリにもいろいろあります。一日の中のメリハリ。週の中のメリハリ。季節の中のメリハリ。数年という時間の中でのメリハリ。いろんなことに折り合いをつけて、限られたジンセイの時間を有意義に使っていかんともったいないですしねえ。

はい、そんな状況な中、今日は久しぶりにほぼ丸々一日地区活動に時間を使いました。ついつい、こなれてきて「参加させてもらってありがとうございます。地区に受け入れていただいて、ありがとうございます」という気持ちを忘れてしまいがちになってしまいます。それじゃあ、いかんよ。

うだうだと、このブログにあるような内面の話ばかりが大好きな椛島としては、どうしても人が集まってワーワーする場の雰囲気に物足りなさやちょっぴり落ち着かない感じを抱いてしまいます。これは、田舎暮らしがどうこう以前に、昔からの自分の気質です。外見の超体育会系的なごつさ及びそれゆえに人から頂くご期待と、文科系な内面とのギャップに我ながら困ってしまいます。ジンセイ永遠の課題(笑)。そして、こんな性格でよく単身田舎暮らしをしているということに、いつも自分で自分にびっくり、感心ですわ。

地区の集まりについても同じです。単純に、にぎやかで楽しいなあ、子供がお祭りで喜んでいる姿はいいなあ、というだけでは僕のがっつり複雑な気持ちは収まりませぬ。

でもね、大事なのは、そういうことではないのだよね。人や場にかかわることで、自分が何を得られるかではなく、自分が何をさせてもらえるか、ということ。あるいは、ごちゃごちゃとした自分の感情は、それはそれで棚の上にでも置いておいて、具体的にちゃんととるべき行動をとるかどうか、ということ。仲良くなるかどうか、受け入れてもらえるかどうかということは、目的などではなく、その結果にすぎないのではと思います。それを、誠意というのだろうかなあ。なんてことを、感じております。うーん、恥ずかしげもなく、言葉が臭くてすみませぬ~。


まっ、こういうたわいもない独り言が、「これから田舎に移って農業をしようかなあ、でも俺の性格で田舎でやっていけるのか!?」という方にとって何かのご参考になればちょっと嬉しく思います。


普段僕はほとんど酒を飲みません。ひさしぶりにたくさん飲んだら、案の定夜中に目が覚めてしまいました。いつものことながら、そうなるともう寝付けません。おっさん化まっしぐら(笑)

というわけで久しぶりに、深夜書き書きとなりました。明日も午前中は祭りの片付けです。眠そうだなあ…。まっ、やれることをやっていきましょう。


日は昇り、畑を照らす。

110827畑


それで、いいのだ。


ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

2011年08月28日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< ダラダラツレヅレ考えてみる | 南の大地より  椛島農園日記TOP | パシャッ >>












管理者にだけ公開する