雪男

9月16日(金)

雨の一日。台風の動きが気になります。

今日は、なんともいえないむずがゆい日でありました。

昨日、何をどう勘違いしたのか自分でもよくわからないのですが、仕事の組み立てを完全にミスしてしまいました。今日からしばらく雨の周期に入るので、その前に白菜やキャベツの苗の植え付けを終わらせてしまうチャンスのはずでした。が、「あと数日は本降りにいはならないで曇りのようだ」という思い込み…。

この降り方と、天気予報によれば、あと1週間は植え付けは無理でしょう。植え付け適期を過ぎて苗がポットの中でちじこまっています。はやく植えてしまいたい…。なんというかなあ、最近この手の思い込みミスが多いです。植えつけた後でパオパオ(保温の不織布)をかけておけばぎりぎり間に合うとは思いますが、なんともいえないもどかしい気分。しかも、恥ずかしながら昨日同様にタンクに水を汲んでいろいろ水遣りをしてしまいました。水遣りにかけた僕の3時間を返してくれ~。と、誰に訴えていいのか分かりません。叫んでみても、自分にボディーブローのように帰ってくるのみ。はあ~。情けない。自業自得。


というわけで、また雨が続きそうなので、来週はセットの中身がいまいちになりそうです。

保存してあるもの ジャガイモ、玉ねぎ 
いい感じのもの  ピーマン オクラ、ニラ、間引き人参葉、 
まあまあのもの  三尺ささげ、四角豆、ナス
少ないもの    つるむらさき、かぼちゃ、にんにく、インゲン、キューリ、ゴーヤ

あとは、卵。といった感じです。小松菜やサニーレタスを入れられるまであと10日くらいはかかりそうです。夏野菜さん、もうひと踏ん張りっ!



さて。だらだらと長くなりますが、一冊ご紹介。

51r84THb+VL__SL500_AA300_.jpg

雪男は向こうからやって来た 角幡唯介 集英社

前作のデビュー作「空白の五マイル」で、開高健ノンフィクション賞、および大宅荘一ノンフィクション賞をかっさらった角幡氏の新作です。

ヒマラヤの山麓には、雪男とよばれる謎の生き物が生息していると言われています。霊長類の一種ではないかという説がありますが、その姿を鮮明に画像に収めた人はいません。ヒマラヤに登山に来たクライマー達や、地元の集落に住む人達の間では、たびたび目撃されています。ですが、その目撃談はどこか謎めいたものが伴い、科学的にも、いまだ実証できていません。

著者は、ふとしたきっかけから、「いったい本当に雪男はいるのだろうか」と半信半疑のまま雪男の捜索隊に参加することになります。捜索の旅の記録と、目撃者へのインタビュー、雪男に魅せられた人物達のヒューマンドラマ、歴史的考察などが、主観と客観の両方の視点をもって立体的に織り成されて物語はすすんでいきます。

今の時代に、何を…。雪男なんて、どうでもいいよ…。そもそも興味が全くわかない…。雪男という言葉を聞いて、多くの方はそういうネガティブな印象を受けるのだろうと思います。しかしながら、読み物として、実に面白いのです。気がつけば、雪男のイメージやヒマラヤの谷の光景、隊員の人となりまでもがページをめくるたびに鮮明に浮かぶようになっていくことでしょう。

雪男に魅せられた人達にとって、雪男は向こうからやってきたものであるようです。こちらが求めて出会うものではなく、向こうから。そう、向こうから、未知なる、何かが、やってくる、ということ。

それは、必ずしも雪男ではなく、他の何かでもいいのかもしれません。そこに足を踏み入れると危険なことは分かっているけど、どうしてもそうしたくなるような、何か。それらに魅せられてしまったときに、人は自分の人生をどのように歩んでいくのか。そのような何かがある人生とはどういうものなのか。

時代や国を思えば、憂うことばかり。我が暮らしを思えば、些事にふりまわされる毎日。そんな今だからこそ、たまにはいつもとちょっと違う視点から自分の立ち位置を見直してみたい。そういう時の、清涼剤みたいなものなのかもしれません。そう思える、一冊です。ぜひぜひ。

スポンサーサイト

2011年09月16日 トラックバック:0 コメント:0

<< ミヤマフキバッタ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 9・11 >>












管理者にだけ公開する