冬のボーナス

12月24日(土)

寒い一日でした。朝は-6度ぐらい。昼間も2度ぐらいにまでしか上がりませんでした。真冬到来のようです

なんだか久しぶりに、骨くさの雰囲気が漂っています。

骨くさとは、このあたりの言葉で、どうしようもなく疲れている状態をあらわす言葉です。農繁期に溜め込んだ疲れ、結婚式前後のドタバタの疲れが、一気に出てきた模様。

そして嫁ののりこが家の中のことや、箱詰め作業を一緒にがんばってくれるおかげで、悪い癖がでてしまったこともいけないようです。そう、僕の悪い癖とは、「ブレーキが効かなくなること」…。

どんどん作業が進んでくると、なおさらに「今日中にこれも終わらせておきたいなあ」「明日がんばればあれも終わらせることができそうだ」という「イケイケガンガン」な思考回路、仕事段取りモードに陥ってしまい、仕事を詰め込んでしまいます。

気がついたら、「うっ、きた~」という腰や背中の張り…。ちょっと危険なサイン…。

自分ひとりではなかなか分かっていてもやめられない「つい無理しすぎてしまう」という悪癖。それを、「無理しないっ」を信条としている嫁ののりこにしてみれば、心配しつつも物申したくなるようです。

「は~、かばさんはなんでもかんでも予定を詰め込んでやろうとするねえ。そして、出来て当然とおもって、出来なかったらへこんでしまうのねえ。そもそも最初の設定が高すぎんじゃない?」

「やっぱそう感じる…?」

「難儀なお方よ…。私が勝手に、かばさんの『今日のやることリスト』から毎日いくつか消しとこうっと」

「いや、待って、そりゃこまる…」


てな、夫婦会話が野菜の箱詰めをしながら繰り広げられております。結局おのろけになりすみません(笑)




そんな僕に、冬のボーナスが届きました。

111224ボーナス



高校時代からの友人Iからの、結婚祝いです。「よくがんばりました。」とのこと。

ちなみにIとのメールのやりとりで、「まあ、ボーナスでもでたら好きなもの買うがいいさ」と。「おいおい、自営業にボーナスあるわけないやろ~。相変わらず面白いことばかり言うやつだなあ」と、思う椛島。

その数日後、心憎いボーナス支給でありました。

ん、金額?秘密です(笑)


いや~、ありがとう!!!


スポンサーサイト

2011年12月24日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< あけましておめでとうございます | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 畑の様子 >>












管理者にだけ公開する