ひとりごち

1月28日(土)

日差しはいまいちでしたが、気温は高め、あたたかな一日でした。

作業は、出荷、来週の出荷の仕込み。

今年は里芋に余裕があるので、ご近所のお世話になっている農家さんに少しだけ卸すことにしました。が…、貯蔵の穴を掘り進めていると、思った以上に寒さで傷んでいることが判明。晩秋のあまりのドタバタで、里芋貯蔵作業のつめをぴしゃりとすることが出来ませんでした。そして、この冬の寒さ。ある程度は想定していたのですが、…。はぁ~、ため息。

何が哀しいかというと、傷んでしまったことはまあ仕方がないとして、芋の検品にものすごい時間がかかるということです。ちゃんと晴れた日の日中に作業しないと、土から掘り出した芋を干していると、寒くて乾かずにそのまんま土ごと凍ってしまう始末。そこまでいくと、笑えてきます。

厳冬を しらしめたるや 芋の土  


先日の光景。

1201雪


納屋の横の杉の枝打ちをしてます。

1201なや

あまりに日当たりが悪く、納屋の屋根が腐ってきています。大家さんと相談してなんとかせんば、と思いつつ、はや5年。こういう時は、「借家ではなく、自分の土地、自分の家だったらもっと大胆にいろんなことに踏み出せるのになあ」と若干ヤキモキです。

右の小屋は、出荷作業の小屋。



正面から。

1201こや

よりによって、真冬の冷え込んだ朝(-7度近くにまでいったようです)に、扉を開けっ放しにしてしまっていました。防寒の布団をかぶせていたとはいえ、中に置いていた里芋数キロがゴキゲンナナメちゃんに。
はぁ~。これまた失敗。

芋にへこんでいて、ふと目に付いた卵。

1201たまご

もともと「殻が薄いなあ。あやしいなあ」と思って小屋に置きっぱなしにしていた卵なのですが、見事に凍って破裂していました!恐るべし、朝の冷え込み。

もったいないので、卵ご飯にしていただきました。


・・・・。


なんと、びっくりの美味しさでした。フローズン状態にすると、黄身のうまみがぎゅっと凝縮されて味わい深くなるようです。正直、今までの35年の人生の中で味わったことのない味でした。おすすめはしたくないですが、おすすめです。



という何気ないことをかきとめつつ、新規就農的雑感。

自分の経験や周りの状況をみるにつけ最新規就農するということは、大変なことだなあ、と最近改めて感じています。親の後を継ぐ場合には、家なり土地なり機械なり、いわゆる「基盤」がそろっていることが多いです。「基盤」がある農家さんでさえ、経営に苦労する時代で、ないないづくしでのスタートは、やっぱりハードなことも多いです。

それでも、開業資金がほとんど要らない僕のような「少量他品目、宅配、有機」というスタイルだと、わりとローリスクである程度「なんとかつつましく楽しく暮らしてはいける」というレベルにはもっていけると言えます。

しかし、そこから先、家や土地などの基盤をしっかり作りたいとか、子供の教育費をどうするかとか、そういうことを考えると、ひと山ふた山待ち構えています。いまのままのスタイルだと、体力が低下してきたら続けられないのは確かだし、どっかでどうにか変えていかなくちゃ、と思ってアイデアは溜め込んでいます。

そんなことを考えていると、つい、どうしても、人のことがうらやましくなることがあります。ああ、あそこは基盤があっていいなあ、とか…。



しか~し、!!!!!!


恵まれているとかいないとか、そういうことは全て相対的なことに過ぎません。自分が、そういう愚かな(そして人間臭い)考えを頂いているといたら、その逆だってあるわけです。実際に、自分は(屋根が腐りかけているけど)納屋もあるし、出荷作業の小屋もあるし、畑も歩いていける距離でまとまっているし、獣の被害も無いじゃあないかぁ!


これから先、時代がどう動いていくかまったく分かりません。ちまちましたことにとらわれないで、もっともっと大局に立って、どんと構えて、「生き物として、しっかり背筋を伸ばして生きていく!」というくらいの気持ちでいかんとなあ。

物事を、ありのままに、きちんと、見ることができるようになれたらいいなあ、と思います。


ひさしぶりにひとりごちてみました。のりが「また何か書いてるのね~。ぐふふ~。」と笑っています。


いや~、楽しい(笑)

スポンサーサイト

2012年01月28日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:1

<< レオさん&小豆 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | サカムケア >>

遠くからご活躍拝見してます。
僕の実家帯広でも同級生が農家継いだり、嫁いだりしてます。

カバちゃんの日々のご苦労は計り知れませんが、この国難においての「安心食材の提供」は最優先課題だし、きっち大変でしょうが、是非頑張って欲しいと願ってます。

2012年02月02日 Sawada URL 編集












管理者にだけ公開する