レオさん&小豆

2月5日(日)

ぼちぼちの寒さの一日でした。

今日は、法事で福岡へ。7回忌の法要。時が流れるのは、本当にはやいものです。


最近とても寒いので、いろいろ気をつけています。特にサツマイモは寒さに弱いです。蔵穴から掘り出した後に出荷作業小屋で傷んでしまわないように、家の居間においています。

寝るときは、コタツの中に。

そして、それがほどよい窪みであるようで、けっこうお気に入りの場所となっています。よかったねえ、れおさん。

1201レオさん


寒さの中でも、元気なソラマメ。

1201そらまめ


隣の婆ちゃん。(去年なくなった隣の婆ちゃんとは逆隣の婆ちゃんです)

1201ばあちゃん

いつも何かとお世話になっています。


婆ちゃんの小豆。

1201あずき

菜園でいろいろなお野菜を育てています。とうもろこしも作り、鶏を飼っています。頭がさがります。

今年は小豆がたくさんとれたそうです。ちょっとずつですが、近いうちに野菜セットにいれておすそ分けさせていただきます。豆の何が大変かというと、脱穀(豆を鞘からはずすこと)と、選別です。大型機械を持たずに手作業でやるのは至難の技です。

そして、大型機械にペイするには、ある程度農薬などを使わないと難しいかもしれません。というわけで、スーパーの小豆と同じような見た目というわけにはいきませんが、もちろん無農薬、無化学肥料の安心安全の逸品。ぜんざいにして食べたら美味でした。


ちなみに…、

のりことお付き合いを始めてまあ間もないころ、彼女と初めて顔を合わせた婆ちゃんは、開口一番「こんにちは。ほぉ、そりゃそりゃ。ぜひ、かばしまさんのお嫁になってください」と。


僕より先に、僕の代わりに、プロポーズしてくれました(笑)


「食べてみたいなあ」と、ご興味をもってくださった方は、ご一報くださいませ~。

スポンサーサイト

2012年02月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 旅行 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ひとりごち >>












管理者にだけ公開する