車いろいろ

3月17日(土)

しばらく晴れが続きましたが、ふたたび雨…。終わったと思ったのになあ。なかなかしつこき菜種梅雨です。

久しぶりに風邪気味です。熱がでたりはしてないのですが、鼻呼吸が難しくあります。旅行にでたぶんの仕事の遅れを挽回しようと心身ともにこの2週間かなり頑張っていたら、ちょっと疲れてしまったようです。でも、おかげでぼちぼち作業も進み、落ち着いた気持ちになれてきました。よしっ。

今日はおとなしく、夫婦で事務仕事やら、息抜きに漫画を読んでみたり、植え付けの計画を練ってみたり、農業関連本を読んで勉強してみたり…。ま、こういう日もあっていいかな。


先日は、近所の先輩農家さんのもとに来ていた旅人さんが、うちにも手伝いに来てくれました。いろいろお話ができて、楽しかったです。トライアスロンにチャレンジ中の学生さんN君と、同業者Kさん。20代の男手二人+椛島で、バンバン作業がすすみました。

風邪気味だったのりこは、「外は今日はきつい」と。あとから考えると、その風邪が僕にうつったようです(笑)。そのぶん、これでもかと言わんばかりの豪華な食事を用意してくれ、客人にも喜んでいただけました。今までだと、作業を終えてからまた一緒にご飯を作ったり、客人が温泉にでもいっている間に僕がいそいそと食事を用意し…、という日常でした。なので、しみじみと、「よし、これからはこういう感じでもっといろんな人に気軽にきてもらえるぞー、と夫婦でご満悦ちゃんでありました。

で、その日、衝撃的なものに出会いました。

刈屋さん西山くん

Kさんが乗ってきた車の前で記念撮影です。この車、一見すると、軽の保冷車のようにみえます。が、実は普通の軽トラックです。保冷車サイズの箱を自分で作り、荷台に乗っけているだけなのです。軽トラの荷台に寝ながら旅をすることができるのだなあ、と目から鱗でした。

「寒くないのですか」

「普段から寒いところに住んでいるので大丈夫です」

「中を見せてもらってもいいですか」

「みんなから聞かれます。どうぞどうぞ。」

 と、鍵を開けるKさん。

中は、ちゃんと寝泊りできるスペースになっていました。あっぱれ。

「あれ、この鍵って、外から閉められたら中から開かないですよね」

「そうなんですよ。それもみんなから言われます」(笑)

一同、ほっこりでありました。

ちなみにKさんの師匠にあたる方は、70歳をすぎてなお、(軽トラではなく)2tトラックに同様の手作り居住ボックスをのっけて旅に出ているそうです。しかもそれを廃材でつくり、なおかつおしゃれに仕上げているのだとか。キャンピングカーもステキですが、費用対効果を考えると、もう、すごすぎであります。

ちなみに、Kさんのブログはこちらです。農を志す若者が、あちこちに増えているのは、とっても愉しいことですねえ。



ところで、車つながりでもうひとネタ。

旅行で、広島の三原によりました。同世代の有機農家さんが数軒集まっており、実に熱い場所です。数泊していろいろ見学させてもらいました。

そのうちの一軒、桜の山農場。主のK太郎君のパワフルな生き様に痺れました。

桜の山

山の中で、こだわりの豚飼いをしています。

桜の山3

これは、なんと、使い終わったてんぷら油を燃料に走るトラック。の、後ろに貼り付けてあったロゴです(笑)残念なことに、雨が降っていて、気がついたらちゃんとした写真をとっていなかったのが心残りです。

桜の山2

何ゆえにハイブリッドかというと、エンジンが温まるまでは軽油で、温まったらてんぷら油で、という切り替えが出来るので、ハイブリッドなわけです。一般的には、BDF(バイオディーゼル燃料)というと、高価な機械を使って精製したものをスタンドで買う、というイメージがあります。

が、てんぷら油をフィルターで濾すだけで、直接燃料としてディーゼル車に使う技術があるのです。BDFに対してSVF(straight vegetable fuel)やWDF(waste vegetable fuel)と呼ばれています。車の改造に一工夫いるようですが、さほどの経費もかからずに個人でも出来る範囲のものだとか。全国に愛好者がけっこういるようで、メーリングリストでは日夜情報交換が活発になされているそうです。

車が走り去ると、周りに漂うてんぷらの匂いが印象的でした。のりこも、「ああ、卵焼きの匂い。おいしそう~」とテンションがあがっておりました。



さて。夏野菜の苗作りもぼちぼちスタートです。手始めに撒いてみたズッキーニ。

ズッキーニ

ちょうど芽が出たときに曇天続きでひょろひょろです。今年も、しっかりとよい苗を育てて、畑に植えたいものです。よっしゃ、がんばるぞ~。



最後に。読んだ漫画について。所用で町におりたついでにのりこがツタヤで借りてきたのは「宇宙兄弟」。宇宙飛行士としてエリート街道を走る弟と、それに追いついて一緒に幼き頃の夢を実現させようと頑張る兄の、青春ストーリーです。全然知らなかったけど、人気漫画なのですねえ。確かに、面白かったです。ちなみに個人的には、アポがかわいくてはまりました。一冊50円。貸本の費用対効果、かなり高くてびっくりしました。ぜひおためしくださいまし~。

スポンサーサイト

2012年03月17日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 大雨 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | コケタロウ >>












管理者にだけ公開する