いろいろ

9月9日(日)

午前中は快晴、午後はうす曇りでちょと大気が不安定。そんな1日でした。

だんだんと、日も短くなってきており、農繁期も山場を越えてきました。野球でたとえるならば、七回表ぐらいでしょうか。7月、8月と大雨やら来客ラッシュやらで気が張っていたところがあるのですが、来客も落ち着いて、ここのところ少し逆にへばり気味に。まあ、淡々ぼちぼちですねえ。

セットは、
卵、ジャガイモ、玉ねぎ、キューリ、なす、ピーマン、ゴーヤ、かぼちゃ、にんにく、ネギ、ツルムラサキ、シソ、インゲン、ミョウガ、人参間引き葉、といった感じです。夏野菜と秋野菜の間の端境期に入るかな、と思っていたのですが、ナスやキューリが盛り返してきて、粘ってます。ネギも今の時期としてはかつてないほど好調です。やっぱり何かが悪くても何加賀良くて救われますね。少量多品目万歳です。


畑の様子。

人参、ナス、ピーマン。

IMG_0287hatake.jpg

ニラの花が満開。

IMG_0281nirahanakotti.jpg

サニーレタス、玉レタス。その左はセロリ、そのまた左はサツマイモ。サニーレタスは、7月の18日にまいたのですが、ちょっと早すぎたようです。まだ仕上がってないうちにとうがたってきました。そして、苦いです。よし、今週から出すぞ、と思っていたのに、けっこう厳しそうです。旬ではないということでしょうね。玉レタスは大丈夫そうです。毎年の事ながら、ついつい欲張って早まきしてしまってます(笑)

IMG_0308sani-retasu.jpg

キューリが今年は絶好調でした。6年目にして始めて、ずーっと切れ目無くお届けできています。成長を感じてちょっと嬉しいです。

IMG_0289kyu-ri.jpg

ミョウガが採れています。

IMG_0305myouga.jpg

花芽をたべます。こういう風に土からぴょコンとでてます。「こんなふうに出るなんて知らなかった♪」と、何だか妙にミョウガ収穫にのりこがはまってしまい、必要以上に採りすぎて、我が家ではミョウガ三昧です。薬味に、おすましに、てんぷらに、白和えに、炒め物に。

IMG_0299myougayo.jpg

近所の駅から。

IMG_0238ekikara.jpg

しょうちゃん。最初に我が家につれてきた時に、ちょっとしたしつけ事で何回かきつく怒りました。「よし、ここは俺が怒り役に徹するから、フォロー宜しく」とかっこつけたはいいものの、それ以来どうもなついてくれません。あ~、寂しい…。

IMG_0319syoutyan.jpg

一方で、レオさんは、



こんな感じで外で遊んでばかりです。

IMG_0261tatakai.jpg

中足と後ろ足の4本で立ち、体を左右にゆらゆらと揺らします。お見事。

IMG_0262kamakiri.jpg

玉虫がひょいと飛んできました。

IMG_0256tamamusi.jpg

死んでも羽の光沢が落ちないことから、昔は仏具の装飾で使われたとのこと。有名なのは法隆寺の玉虫厨子、ですかね。うーん、なんだかそのセンスはビミョーだなあ。流行というものもまた、無常ですねえ。

スポンサーサイト

2012年09月09日 田畑 トラックバック:1 コメント:0

<< 烏帽子 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ご報告 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kb197600.blog111.fc2.com/tb.php/643-8d5aa0f2

2012年09月14日