とこさん

11月4日(日)

曇天、夕方から雨の1日。

鶏ハウスに籾殻入れ、ほうれん草に追肥、掛け干しのお米を脱穀しようとして機械不調で悶々、午後は地区の清掃作業、といった1日でした。なんだかちょこまかと動いて時間だけが流れて「よしっ、いい仕事ができたぞ」という気持ちのよさはなし。そういう日ということで、まぁいっかな。

夏の疲れが今頃出てきてるようで、ここのところ体の調子が上がらずちょっと困ってます。軽い腰痛気味。まだまだ若いといえば若いけど、プロスポーツ選手がほとんど引退する年齢です。そりゃあどこかしらはちょっとは傷み始めます。

人間は、死ぬ確立だけは100パーセントです。一休上人も「正月や冥土の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし」と詠っています。今日もまた、死への旅の途上。浄土真宗的表現では「いのちがわたしを生きている」と。
体は遺伝子の乗り物のようなものと思えば、軽やかに体の機能低下を笑っていけるのかもね。そんなおっちゃんになりたいもんだなあ、と思った11月4日、36歳の誕生日でありました。


セットは、なかなか充実中です。

卵、ジャガイモ、玉ねぎ、サツマイモ、里芋、白菜、キャベツ、セロリ、人参、大根、カブ、ほうれん草、春菊、ネギ、ルッコラ、カボチャ、冬瓜、ミズナ、チンゲンサイ、といったところ。多くなりすぎないように、入れてまいります。

霜も降りて、人参の味もぐっとのってきました。今年もよい出来です。

IMG_0947ninjin.jpg

秋ジャガイモ。品種は出島。春ジャガイモがあまりに不作だったので初めて植えてみました。思わぬ豊作に満足であります。

IMG_0955dejima.jpg

セロリも白菜もよく育ちました。セロリもまた、初めてまともに出来ました。種をまいた時期(7月頭)がよかったのでしょう。ちょこっとマヨネーズをつけて、生でポリポリかじってます。とまらない美味しさです。

IMG_0935serori.jpg

花の季節も、もうすぐ終わり。野山の草花さんたち、目を楽しませてくれて、ありがとう。

山道のマツムシソウ。

IMG_1044matumusisou.jpg

田んぼの脇のコセンダングサ。

IMG_0975kosendan.jpg

同じくナンテンハギ。

IMG_0971nantenhagi.jpg


あくび中のレオさん。ちょっとその顔はないやろ~。でもかわいいっ。

IMG_0956reo.jpg


最近の、夫婦のマイ(というかアワー)ブーム。ぬかづけ。

IMG_0999tokosan.jpg

まだ床を作っている段階です。そろそろ、本漬けスタートできるかな、というところ。なのに、毎日混ぜ混ぜするのが楽しくなってきました。ヌカ床の名前も決まりました。「とこさん」です。二人とも飽きっぽいから、いつまいつまでとこさんが長らえるか微妙ではあります。特に年明けのお産直後にだめにしてしまう確立はきわめて高いですねえ。とこさん、なるべくがんばるからね。よろしくっ~。

スポンサーサイト

2012年11月03日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 新米のご案内 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | スッポンタケの卵 >>












管理者にだけ公開する