100世代

11月26日(月)

雨、強風の1日。

出荷の用意と、家いじりを少々。縁側の天井がボロボロになっていたので、張替え。だんだんこの季節らしい時間の使い方になってきました。何年越しかの、家の防寒工事にもそろそろめどをつけたいっ、と(毎年ながらに)思うシーズンであります。

一昨日から、のりこ不在です。去年僕も行ってきた「内観」に行ってます。一週間の独り身生活です。一年ぶりにまともに料理をしてます。ああ、主婦というのはえらいものだなあ、と、自分の料理のいけて無さを痛感しております。

ちなみに内観とは、こんな感じです。僕の体験記です。かなり長いですがご興味があれば参考までに。たまには、こういう贅沢な時間の使い方もいいものです。


セットの中身は、あまり変わりなしです。ジャガイモが終了しました。
卵、玉ねぎ、里芋、人参、大根、白菜、ネギ、ブロッコリ、ほうれん草、ミズナ、カブ、ルッコラ、サニーレタス、ターツァイ、といった感じです。種まきが少し遅くなってしまい、キャベツがいったん切れてます。カボチャも、来週からちゃんと入れていく予定です。


霜もしっかりと降りる季節になってきました。家の前の、隣のじいちゃんの畑です。

IMG_1334simo.jpg

ほうれん草も、どんどん甘くなってきてます。朝、こんなふうにがちがちですが、日がのぼれば復活です。すごい。

IMG_1338rensou.jpg

里芋の貯蔵も終了。こんなふうに埋けこんで、

IMG_1361anani.jpg

湿度調整やねずみ避けのために杉の葉を敷き詰めて土をかぶせます。

IMG_1378satoimo.jpg

温かすぎても寒すぎてもだめなので、地方地方によりいろんな方法があるようです。この、杉の葉作戦は、水はけのよいところに穴を掘れば、わりといい方法です。杉の葉をこまかめに切っておけば、取り出す時も楽です。となりの95歳のじいちゃんが教えてくれたものを、自分なりにアレンジしてみました。

それにしても、緑がきれいですねえ。

IMG_1372midori.jpg


さて。村内で発掘調査中の「幅・津留遺跡」です。弥生時代のムラの跡です。

IMG_1401habaturu.jpg

担当の県職員の方が見学ツアーですごく丁寧に解説してくださいました。いやーーーーーーー、すごく面白かったです。2000年前に、この、足元で、人々がこうやって暮らしてたんだぁ、と思うと、ジンときます。これをロマンといわず、何というのでしょうか。

ちょうど、図書館で借りてきたNHKスペシャルのDVD「日本人 はるかな旅」にはまっていたところに、「こんなんあるぞ。行ってみな」との友人のお誘いでした。

当時、日本にどのくらいの人が住んでいたのか知りません。でも、2000年位前だとすると、世代にしてわずか100世代くらい、あるいはもっと少ない世代数なわけです。まさにこの南阿蘇で暮らしていた人の血が、僕にもかすかにつながっているという可能性は十分にあるわけです。うむ、日ごろのあくせくした考えがちょっとおさまった楽しいひと時でした。

スポンサーサイト

2012年11月26日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 二十歳 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 朝露 >>












管理者にだけ公開する