CAFE LA PAIX

12月12日(水)

真冬並みの寒さが続いています。今朝は-5度。冷えました。

昼間は晴れて、仕事が進みました。自家用大豆の脱穀、踏み込み温床のための落ち葉集め、などなど。

農閑期に入ったはずなのですが、なんだか慌ただしい毎日です。師走的な雑用や家の大工仕事、そして通常の出荷作業でドタバタとしています。とはいえ、この時期らしい長時間睡眠で、夏の疲れも取れてきて体がスッキリしてきました。

のりこは、お産前の体力作りでウォーキングに励んでいます。防寒のために着膨れし、マスクもつけ、帽子も深くかぶり、かなり怪しげな姿で村を闊歩し続けております(笑)

セットは、
卵、サツマ芋、里芋、人参、大根、キャベツ、白菜、ネギ、ブロッコリ、チンゲン菜、水菜、ほうれん草、㈱、かぼちゃ、ルッコラ、などを中心に入れております。霜に鍛えられ、どれも甘いです。



熊本の方にご案内です。

市電水前寺駅前に、カフェがオープンしました。

CAFE LA PAIX (カフェ・ラ・ペ)さんです。

IMG_1517rape.jpg

ご縁があり、椛島農園のお野菜も使ってもらうことになり、行ってきました。

IMG_1536fannti.jpg

落ち着いた雰囲気です。ゆったり、時間が流れてます。

IMG_1516koffee.jpg

普段コーヒーを飲まない僕でも、美味しい!と感じました。

IMG_1541nisiokasan.jpg

オーナーさんご夫妻。

IMG_1534hagaki.jpg

ちなみに、どういうご縁かというと、オーナーさんのお姉さんが高校の同級生なのです。Yさんといいます。Yさんとは、高校時代に会話もほとんどすることもなかったのですが、4年前の同窓会で再開し、お野菜を送るようになりました。

そして今回弟さんがお店を出すことになり、「だったら椛島君を紹介するわ」となったわけです。いや~、こういうご縁に支えられて暮らしているって、シアワセなことですね。しっかりと、いい仕事をして、きちんとしたものをお届けしなくちゃ、と改めて感じました。


と書くと、立派なのですが…。実は、初回お届けしたあと、翌週の発送をすっかり忘れてしまいました。のりこの一週間不在もあり、夫婦間の事務連絡ミスで、発送予定表からお名前が漏れてしまっていたのです。ご連絡を頂き「あちゃあっっっ!」と愕然。慌てて車で届けに行きました。

すると、その日たまたまプレオープンにあわせて来熊していたお姉さん夫妻や、ご両親ともお会いできました。さらに、オーナーさんの奥様のお姉さんご夫妻にもお会いし、同じ助産師さんにお世話になっているとわかり会話もはずみ…。いやー、なんといか、ご縁としかいいようがなく、ほっこりした一日となりました。



最後に。

夏野菜の片付けをし、トラクターをかけている間、ずっと近くにいたハクセキレイさん。

IMG_149hakusekireiwakadori.jpg

顔が少し黄色いです。図鑑によると、今年の春に(?)生まれた若鳥のようです。土をほじっては虫やら草のたねやらを見つけて食べていました。久しぶりに図鑑をみて、「若鳥」ということを知るだけで、なんだか世界が少し広がったように思えます。



知ること。それは、とても豊かなことだ。
時には、持つこと、よりも豊かなことなのかもしれないなあ。



スポンサーサイト

2012年12月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 二匹 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 二十歳 >>












管理者にだけ公開する