夜峰山

1月18日(金)

冬晴れの一日。

今日は、出荷を済ませたあとに、近くのおしゃれなお店にランチを食べに行きました。外食嫌いの椛島なのですが、「生まれる前に最後にゆったりランチがしたい」というのりこに、文字通り、連れて行かれました(笑)

午後は、薪の片付けや、納屋や出荷作業小屋の掃除。整理整頓に関してズボラなたちなので、気を緩めたら掃除後一週間もすればズタボロになってしまいます。掃除ができなくても、人並み外れた発想力とか決断力などがあれば片付けが上手な部下でもやとってガンガン突き進めるのでしょうね。

でも残念ながら僕にはそういう力はないようなので、しぶしぶと、苦手な整理整頓に勤しんでおります。独身時代は、「きっと片付け嬢な嫁さんが来てくれていろいろ楽になるはず」と信じていましたが、…。どちらかというと相対的にまだましな僕が我が家の片付け大臣に就任せざるを得なくなり、人生の不思議を感じております(笑)。


さて。先日のこと。

うちのすぐ近くに、夜峰山という山があります。阿蘇の神様、建磐龍命(たけいわたつのみこと)が、妻アソツ姫のお産の際、目隠しの衝立代わりに一夜で造った山という言われのある山です。

今日、5年半ぶりに頂上に行ってきました。行って帰ってで一時間のちょっとした体力作り。今の時期のこういう地道なトレーニングが、農繁期の粘りにつながります。気分は、自主トレをするプロ野球選手、といったところ。

という訳で、写真を少々。

IMG_1872sougen.jpg

IMG_1902syamen.jpg

IMG_1898yomineyama.jpg

夜峰山から見える烏帽子岳、御竈山、そして中岳の噴煙。

IMG_1900ikenokubo.jpg



ついでに。

夜明けの一枚。

IMG_1850yoake.jpg

不思議なことに、最近レオ君が妙に甘えてきます。あと10日もすれば、ぎゃあぎゃあ泣き叫ぶ、自分と同じ位の大きさの哺乳類がやってくることに気づいているかのような仕草です。今のうちに甘えとこう、と言わんばかりのご様子。いやはや、これから先しばらくは猫たちにとっての受難の時代がやってきます。複雑な心境。まあ、なんとかなることを祈るしかありませんねえ。

 

スポンサーサイト

2013年01月18日 風景 トラックバック:0 コメント:1

<< ご報告 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 費用対効果 >>

なんだか落ち着かなくてブログをのぞきにやってきました笑
そうなんですよ、ランチ等いくら行っても足りない位何処にも行けない生活になりますよねー。
まだ赤ちゃんはお腹の中なんですね。
のりちゃんの希望通りのお産に向かってるようで一安心。
遠くから安産になるよう祈ってます☆

2013年01月19日 よねよめ URL 編集












管理者にだけ公開する