ラブリ-

5月12日(日)

快晴の一日。阿蘇でも24度まで気温が上がりました。
一昨日、昨日とめぐみの雨でした。ずっといい天気が続きすぎていただけに、よかったです。

雨も上がり、今日は夏野菜の定植日和でした。明日からは、朝の最低気温も10度を上回ります。これで、安心して植えられます。

ナスやピーマンも植えました。トマトやカボチャ、ズッキーニ、枝豆、インゲン、オクラ、ゴボウ、ゴーヤ、山芋、などは大体撒き終わり、植え終わり、ほっとひと息。

P5125531;;


しかしまだまだ沢山残ってます。モロヘイヤ、エンツァイ、ヤーコン、里芋、サツマ芋、とうもろこし、バジル、大葉、生姜、ネギ、つるむらさき、などが残っており、せっせと管理機で畝を立てています。

P5095475kk.jpg

寒さで傷んで生育が遅れ、春になって蒔き直しをしたエンドウも、ようやくグングン伸びてきました。

P5095478ll.jpg

最近、すっかり朝型生活で、明るくなり始める時間には動いてます。出荷が始まり、収穫箱詰めをきっちり午前中の集荷に間に合わせるためです。

なので、とても気持ちよいです。

P5095449kk.jpg

P5095480lll.jpg



そして、夕方なるべく早く仕事を切り上げるようにしています。なぜならば、






P5085436gg.jpg

はるひとのグズグズタイムが、夕方6時ごろから寝るまで続くからです。日中はかなり穏やかなのですが、寝る前は最近だいたいこんな感じです。もはやこの顔になると、お父ちゃんは無力感ばかりかんじます。母は偉大なり。それでもまあ、早く上がるに若くはなし。農作業のリズムと、育児のリズムとのいい塩梅を目指すべく、リズムづくりに試行錯誤しています。


レオさんとしょうちゃんは、相変わらずそれほどには仲良しにはなっていませんが、仲が悪くもないようです。けっこう幸せそうに見えます。

P5095440tt.jpg

先日の夜、しょうちゃんがミャアミャアと泣き続けて大変でした。11月から出しっぱなしだったコタツの布団を片付けてしまい、夜の寝床を失ってしまったショックが故でした。ちょうど春人もぐずっていた晩でした。オギャアオギャアミャアミャアオギャアオギャアミャアミャア…。皆にとってシレンの一晩でした(笑)

というわけで、押し入れの奥に眠っていたものを引っ張りだしてみました。

P5085439ll.jpg

先月まで、1日15時間位コタツの中にいたしょうちゃん。今月からは、やはり15時間ぐらいはこの中にいます。ラブリ~。

スポンサーサイト

2013年05月12日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:1

<< いろいろ | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ミズキ >>

はるちゃんの泣き顔最高!自分の子が泣くと大変だけど、人の子の泣き顔って第3者として見れるので可愛いな~

2013年05月12日 わいわいファーム いわい URL 編集












管理者にだけ公開する