淡い妄想

5月25日(土)

快晴の一日。毎日、暑いです。阿蘇でも28度くらいまで気温が上がりました。いやはや、夏のようです。

出荷再開から2週間たちました。おかげさまで、通常のリズムにすっかり戻りました。

来週は、

卵、玉ねぎ、間引き人参、キャベツ、玉レタス、リーフレタス、チンゲン菜、大根、カブ、といった感じです。あとは、ニラ、二十日大根、スナックエンドウ、そら豆、ブロッコリ、カリフラワー、春菊、小松菜、などが入ります。

もう少しの間、菜っ葉菜っ葉した中身が続きますが、人参、玉ねぎ、大根、キャベツなどが揃ってきたので、だいぶバランスも取れてきました。これに、ジャガイモが入ればだいぶいい感じとなりますね。ジャガイモは6月の中旬ごろからの予定です。しばし、お待ちくださいね。


畑の様子。


ナスやピーマンの不織布を外しました。すっかり元気になりました。いい色つやです。

P5255844lll.jpg

トマトもだいぶ大きくなってきました。

P5255877kk.jpg

ズッキーニは、遅霜でかなり傷んでしまい、アブラムシが来ています。もうダメかな、とも思ったのですが、予想以上に盛り返してきて、ぼちぼち収穫も始まりました。

P5255870jj.jpg

今年は、春の菜っ葉がよく育っています。春先に仕込んでおいたボカシ肥料がしっかり効いているようです。小松菜も、元気です。

P5255854ll.jpg



家族の様子。

ジャガイモの葉っぱの陰でくつろぐしょうちゃん。

IMG_0303ooo.jpg


昨日、この忙しい農繁期にもかかわらず、納屋の散らかり具合が臨界点に達して突発的に大掃除を始めてしまいました。夕暮れどきに、「あっ、明日からの鶏のえさがないや。混ぜとかないと」と気づいて狭苦しいなか大慌てで混ぜていたら…、

P5245823lll.jpg




P5245809ll.jpg

なぜか大爆笑の春人。と、なぜそんなに笑うのかと春人につっこみをいれて笑う母のりこ。

スコップがコンクリの床をこする「シャー」という音のリズムと、必死に混ぜる大人の体の動きがよっぽど面白かったようです。文字通り、春人の人生初、というぐらいに声をあげてキャッキャと高笑いを繰り返していました。

散々、息子を笑わせようと思いあの手この手でいろいろなことをやるのですが、どうも空振りばかりでして…。ところがどっこい、えさ混ぜがバカウケするとは!!

幼心に楽しい思いを刷り込み、「父ちゃん、俺えさ混ぜやりたいんだ。教えてくれ。俺にまかしとけ。父ちゃんは少し休んどいてくれ。」なんて、10歳ぐらいで言ってくれないかなあ~、と淡い淡い妄想を膨らませる父でありました。


スポンサーサイト

2013年05月25日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< 久しぶりに | 南の大地より  椛島農園日記TOP | お米2013 ④ >>












管理者にだけ公開する