木、草、ムシ

最近目にした足元の自然。

ケイトウ。

913keitou.jpg


913keitoukakudai.jpg


もともとは、大昔に熱帯アジアから日本に入ってきた園芸品種です。しかし、すさまじい生命力。ほぼ雑草です。この生命力が野菜にもあれば楽なんですけどね。

イタドリの花が咲いています。

913itadori.jpg


913itadorikakudai.jpg


オオケタデ。

913ooketade.jpg


913kakudai.jpg


タデ食う虫も好き好き。の、タデの一種です。確かにタデにはコガネムシがよくついていて、隣のカボチャには目もくれない、ということがあります。昔のことわざは、なかなか鋭いですね。ちなみにこのオオケタデは、虫刺されなどの際の薬草になるそうです。

林の縁にて。アオツヅラ。つる性の木です。

913aotudura.jpg


913aofudurakakudai.jpg


お、これは美味しそうだ、と口にしてみたら、まずくて吐き出してしまいました。見かけは葡萄みたいなんだけどなあ。名前を調べてると、隣人Mさんは、「小さいころままごとで葡萄がわりに使ったなあ」と懐かしがっておりました。なんかいいですね。

クロアナバチが狩りをしていました。

913battakari.jpg


913battakari2.jpg


ふらふらと蜂が飛んでいるので、なんだろうと思ってよくみてみると、バッタ?を咥えて飛んでいました。重くて運ぶのも大変そうです。接写しすぎて、嫌がって逃げていきました(笑)。あとで見てみると、獲物がなくなっていたので、また戻ってきて巣穴に運んだのでしょう。

こいつの名前が知りたい!です。

913aitu.jpg


携帯カメラの接写では、限界があり、うまく写せませんでしたが、こいつは凄いです。蜜を吸うための口のおしゃれなこと。羽の透け具合もなかなかかっこいいです。昆虫愛好家サイトに投稿して、名前を教えてもらいます。載るかどうかわからないけど。そういうしょうもないことで楽しんでおります。

むし検索広場http://insects.exblog.jp/

-------------------------------
翌日加筆です。

こいつは、ワタヘリクロノメイガ という蛾のメス、と判明。
幼虫はウリ類の害虫です。そういえば、キューリにたくさんついていた
あいつか!と納得です。
ちなみにオスは、すごいです。すごいとだけ申し上げておきます。

スポンサーサイト

2007年09月13日 草花 トラックバック:0 コメント:0

<< 今日もまた | 南の大地より  椛島農園日記TOP | 畑の様子 >>












管理者にだけ公開する