お米2013 ⑥

6月26日(水)

お米レポートです。

最初にご案内です。2012年米、お陰様で完売いたしました。ご好評頂き、ありがとうございました。現在3反ほどの面積で田んぼを作っていますが、来年からはさらに1反、そのまた翌年にはもう1反、と増やしていく予定です。

「毎月何キロ定期的に欲しい」という皆様からのリクエストにきちんとお応えできるように、段取りしていこうと思っています。近年中には、玄米の保冷庫も手に入れて、きちんと通年出荷できるようにしますね。



田植えから3週間以上たち、すっかり稲も大きくなってきました。

梅雨らしい天気が続いて畑の作業が出来ないので、ここぞとばかりに田んぼの除草に勤しんでいます。


ヤフオクでゲットした、この手押し除草機や、

P6226304taguruma.jpg

エンジン式除草機で、

P6226294tyuukouki.jpg

条間(写真では、縦方向の稲と稲のスペース)の草をかき回して埋め込んだり、浮かせてしまいます。

P6226295jyosoukikakudai.jpg

けっこう楽チンです。エンジンの調子もシーズン初めは上がらずに困ってしまっていましたが、2回目の除草では絶好調でした。

が、株間(写真での、横方向のスペース)の草は、これらの機械ではきちんと対処しきれません。あいやー。

というわけで、

デッキブラシでゴシゴシしたり、

P6226299-ta-dekkihonto.jpg

中腰になって手でゴシゴシしたりしています。

P6226306ddddd.jpg

どんな姿勢が楽ちんなのか、いろいろ研究しながらやるのも悪くはないものです。腰に負担をかけないように、腿の筋肉をしっかり使うように意識すると、意外と疲れません。ハムストリングが重要なようです。ブチブチと草の根っこが切れて浮かんでくる感触を指で味わうのも、気持ちがよくなってきます。

あとは、大事なことは自分への言い聞かせでしょうか。これは、仕事ではなく、筋トレだ、マラソン用みたいなものだ、プールに通ってるみたいなもんだ、趣味と実益を兼ねて、最高だ!…と、自分に言い聞かせるわけです。

歌でも歌いながらやりたいものなのですが、自分にはそういう傾向はないようで、どちらかというと黙々瞑想系の時間となってしまいます。ネガティブな気分の時には、ただただ手だけ動かしながら、自分の頭に浮かんでくるイメージを言語化していきます。自分が何を気にしているか、不安に思っているか、楽しみにしているか、などを客観視して、最終的に「これでいいのだ」と思えると素敵です。

あー、我ながら、田んぼの除草作業紹介で、なんでこんなに内省的な文章になるのか、笑えてきますなあ。


で、いろいろ体勢を変えていかないときついので、結局最後には

P6226314yotunbai.jpg

四つん這いになってみたり…。道沿いの田んぼなので、地域の方々の「ほぇー、そこまでするかあ、すごいなあ」という好奇と感嘆と憐憫(?)の視線と闘いながらも、コツコツやっております。


最後に。

これだけ、自分の写真を連発で載せると、とても恥ずかしいものがありますね。おっさん写真連発ブログとなってしまい、すみませぬ~。

スポンサーサイト

2013年06月26日 お米 トラックバック:1 コメント:1

<< 淡々と | 南の大地より  椛島農園日記TOP | ずりばい >>

春ちゃんが見た~い!!

2013年06月27日 いわい URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://kb197600.blog111.fc2.com/tb.php/694-7c24a7e8

2013年07月16日