いろいろ

8月11日(日)

暑い日が続いています。猛暑日にこそならないものの、30度は超えて、農作業も朝夕勝負となっています。今年の暑さはまた格別です。(と、毎年言っているような気がする・・・)


今週の中身。

卵、じゃがいも、玉ねぎ、ナス、ピーマン、キューリ、南瓜、ゴーヤ、オクラ、トマト類、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、水前寺菜、大葉、伏見唐辛子、といったところです。


さてさて。


今年も、つるこばあちゃんのブルーベリー、販売しております。

つるこばあちゃんP8107283

ブルーベリーP8107280

無農薬、無肥料。刈った草を敷き詰めているのみの、いわゆる自然栽培であります。ばあちゃんが毎朝収穫しております。ご予約いただいたみなさま、ありがとうございます。まだお届けが終わってない皆様、只今順番にお届けしておりますので、いましばらくお待ちくださいね。

9月20日ごろまで収穫が続きますので、まだご予約承っております。ご連絡お待ちしております。



野菜に勢いがあると、畑が綺麗です。

ナス。

ナスP8107258

南瓜。

かぼP8107259

ゴーヤ、山芋、ネギ、トマト。

西畑P8107287





人参発芽待ち。今年は、太陽熱処理というわざを試みてみました。左はしの畝のように、透明マルチを前もって20日ぐらい張っておき、真夏の太陽熱で雑草を焼き殺してしまいます。その後、ビニールを剥いで、種を蒔く、というわけです。うまくいけば、まったく草取りをしなくていいのだとか。今のところいい感じです。このままうまくいってくれるといいなあ。

人参P8107261






久しぶりに、よっしゃっ!という写真がとれました。


オクラ。

オクラP8107235

フタトガリコヤガという蛾の幼虫がわんさかいます。困ってます。

ふたとがりP8107237

天敵登場。オオフタオビドロバチです。幼虫を探してホバリングしてます。

オオフタホバリングP8107215

幼虫を捕まえ、麻酔をかけています。羽がやぶれています。食うものも食われるものも、生きていくって、すごいことなのですねえ。

おおふた帯P8107246

このあと、幼虫を巣に持ち帰り、卵から孵る子のえさとして巣に蓄えられるのだそうです。

検索したら、いろいろ出てきました。これは、わかりやすくて面白かったです。

忙しいと、ついついこういう生き物の世界に目が行かなくなりがちであります。実際のところ、写真をとるか、それともさっさと作業を終わらせるか、という二者択一になってしまいがちです。豊かな世界にいるのに、その豊かさに気づかずにいるのは、もったいないものです。センスオブワンダーを持ち続けるおっさんになれたらいいなあ。




ちなみに。オオフタオビドロバチも頑張ってくれていますが、フタトガリコヤガの数が圧倒的に多すぎて、天敵としてはあまり機能していません。結局、農家としては手でプチプチ潰していくというわけであります。ああ、すまん、フタトガリさんや。俺は君たちを潰すから、もしお互い生まれ変わって逆の立場になったときは、容赦なくプチプチいってくださいね。

プチプチに慣れすぎてしまった身としては、自分に対する免罪符としてそう考えることにしています。


長文、ご覧くださり、感謝です~。

スポンサーサイト

2013年08月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 花火 | 南の大地より  椛島農園日記TOP | お米2013 ⑧ >>












管理者にだけ公開する