花火

8月18日(日)

快晴の一日。お盆を過ぎて、急に空気が爽やかになりました。ほんのちょっとだけ、秋の気配を感じます。朝も毛布がないと寒い位に過ごしやすくなりました。このまますんなりと涼しくなればいいのですが、そうはいかないのでしょうねえ。

今週の中身。

卵、じゃがいも、玉ねぎ、ナス、ピーマン、キューリ、ゴーヤ、トマト類、南瓜、水前寺菜、を中心に、モロヘイヤ、空芯菜、つるむらさき、インゲン、おおば、おくら、といったところです。


さてさて。



ウーファーさんMちゃんと、就農希望Y君。Mちゃんは10日間の滞在、Y君は4日間の通いで来てくれました。じゃがいも掘り、お疲れ様でした。ようやく掘り終わりました。

kinenP8157331.jpg

ちなみにMちゃんは、名古屋の女子高の1年生。女の子がいると、なんだか華やかでよいですね。椛島ものりこも、ちょっとしたお父さんお母さん気分を味わいました(笑)。夏休みの予定を立てる際に、ウーフをするか、ヴィパッサナー瞑想に行くかで考えたそうです。なんという高校一年生!!。将来が楽しみです。農作業や春人の子守に、大活躍。ありがとう~。

6月にまいたソルゴー。背丈が2mを超え、鋤き込みには苦労しました。いったんトラクターで押し倒し、逆方向からロータリーをかけました。それでも、だいぶロータリーに草が絡まり、時間がかかりました。でも、これで土がぐんとよくなることでしょう。

sorugoP8187473.jpg


ニラの花。

nirahanaP8177356.jpg


なすの花。黄色いのが雄しべ。真ん中に一本下に伸びているのがめしべ。

nasunohanaP8177397.jpg

花は下向きに咲きます。虫や風の力を借りなくても、自然と受粉がしやすい花の形状です。ただ、肥料が不足すると、雄しべより短いめしべをもつ花も出てきます。受粉がうまくいきません。そういう花が増えてきたら、肥料や水を欲しがっているサイン、というわけです。


秋どりのキャベツやカリフラワーの定植もスタートしました。

kyabekariP8177386.jpg


畑に生えているキノコ。今まではなかったものが出てくるって、面白いですね。名前や、食べられるかどうかを調べようとしたのですが、図鑑が見当たらず断念。うーん、片付けが苦手って、こういう時つらい。ま、見つかったときの喜びも味わえるので損も得もないのだろうけど、うーん…。

kinokoP8157339.jpg


春人、スイカに目覚めました。ちょっと目を離した隙に、自分でハイハイしてかぶりついてました。おい、息子よ、スイカもいいけど、離乳食もちゃんと食べておくれよ~。と、こぶりな息子の偏食をさっそく危惧してしまう父なのでありました。

haruP8167349.jpg


隣の高森町の風鎮祭に行ってきました。ケンタ君、Mちゃん、のりこ。

maturiP8177444.jpg


風鎮祭といえば、にわか。いわゆる、コント、ですね。

niwakaP8177461.jpg

正直なところ、にわかの笑いのツボがよくわからなくて食わず嫌いなところがありました。(風鎮祭関係者の方、すみませんっ!)しかし、今回見た山車のにわかは、実に面白かったです。感激しました。いやー、よかったです。


花火。

hanabiP8177459.jpg

お約束通りに、最初の「ドン」という音で、背中にいた春人が「うゎ~ん」と泣き出しました。息子よ、ジンセイ初花火お疲れ様でした~!

スポンサーサイト

2013年08月18日 日々の暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< お米2013 ⑨  | 南の大地より  椛島農園日記TOP | いろいろ >>












管理者にだけ公開する